Notice: _c の使用はバージョン 2.9 から非推奨になっています! 代わりに _x() を使ってください。 in /virtual/kanichi/public_html/blog/wp-includes/functions.php on line 3423
2010 年 1 月 のアーカイブ

1月30日(土) 14時30分更新

2010 年 1 月 30 日 土曜日

Rusty Forster Trip from KerrAzy Productions on Vimeo.

こんにちは。RobLopです。本日チェックできておりませんが、まだ腿腰サイズがブレイクしているようです。
今後、夕方の満潮にかけては割れづらいポイントが増えそう。
地形の浅い場所をセレクトしてくださいね。
水の中は非常に混雑しているとのこと。。
怪我が無いよう最低限のルールは守りましょう。

上の映像は凄いですよ~!!
デイビスシャーピージョシュ・カージー先生。
全員、最高中の最高です☆
こんな技、僕らに出来るわけないんですけどね。

しかし毎度ラスティーのライダーばっかアップしてるな。。。
やんなっちゃうなぁ~この始めの画面とか(笑

大会関連では大盛り上がりのVolcom パイプラインプロ以外にも、ブラジルで開催中のWQS6★Maresia Ceara Surf Internationalも凄いメンツですよ!
・Volcom パイプラインプロ イベントサイトはこちら
・WQS6★Maresia Ceara Surf International イベントサイトはこちら

Coltex.’09-’10セミドライ詳細はこちらをクリック↓

coltex09sale1

★お知らせ★
写真が縦に並んで表示される場合、ブラウザアドレスバー横の「ページ」ボタンをクリック→この中の「互換表示」をクリックしてみてください。すっきり見やすくなります。

ドリントンサーフボード、FACTORA.、Coltex.ウェットスーツ
に関するご質問はお問合せフォームから、又はqualityhardcore@gmail.comまでお願いいたします。

1月29日(金) 11時45分更新

2010 年 1 月 29 日 金曜日
鵠沼

鵠沼

辻堂周辺

辻堂周辺

茅ヶ崎チサン

茅ヶ崎チサン

こんにちは。RobLopです。この時間帯は腹~Max胸くらいがブレイクしています。
既にオンショアが吹き始めていますが、小さなバンプができる程度で十分楽しめそう!
今後も沖では西風が吹き続け、沿岸では強まらない予報。
夕方まで遊べそうですよ。
見る限り、チサンは良さそうでした☆
せっかくの平日ブレイク、ルール・マナーを守って波をシェアしましょう。

さて、先日テストした2mmスーツの結果報告です。
まず最も肝心のポイント、「浸水」はほとんどありませんでした。
首もとの1,2滴と、手首が2mmの為水圧でめくれた瞬間くらいでしょうか。
確認の為シャワーを入れずに脱ぎましたが、手首の一部を除き、内側は濡れていませんでした。
約2時間半くらいのセッションでしたが、最後まで寒くはならず。
まだ断言はできませんが、水さえ入らなければ体温はある程度維持されるようです。
こちらは全体の写真↓

Fusion Dry1

Fusion Dry1

生地は市場で最も高い伸縮性を誇る高額マテリアル “エア・ネッスル”↓

Fusion Dry2

Fusion Dry2

ブーツ&グローブを挟み込む防水構造の先端部分(2重になっています)↓

Fusion Dry3

Fusion Dry3

ブーツが接着されていないから普通のウェット同様、気軽に洗えます、乾きます。

運動性に関しては、パドル、膝周り、股関節周り等、全てにおいてずば抜けです。でも、これは2mmなので当然。
今回運動性のポイントは、かぶる生地(アウター)の面積縮小&背中接合部の位置調整。
驚くほどの防水性を発揮した折り返しダブルネック(アウター部分の写真)↓

Fusion Dry4

Fusion Dry4

アウターは幅を狭く(縮小)したことにより、パドル時に更に腕が回りやすくなりました。そして背中側の接合部を下に移動したことにより、肩甲骨の違和感がゼロになっています。(少し解りにくいですね。。でもかなり重要なパートです)

そのアウター、大胆に幅を狭めることができたのは、インナーの防水性能が非常に高いおかげです。
こちらはそのアウターを外した写真↓

Fusion Dry5

Fusion Dry5

前にもご紹介したスーパージップレスの進化版です。
あれから何着も作り、すでに12代目の試作でしょうか。。。
今回はこのスーツ専用ですが開口の一部が斜めになり、防水性&着脱性がアップ!
ベルクロを開けてみると、内部のインナーが左右に動く(割れる)構造です↓

Fusion Dry6

Fusion Dry6

以前の物より防水性を追及したため、若干着にくい感触がありましたが、脱ぎに関しては逆に楽かも!?
これは不思議でした。。

思い切り簡単ですがまとめると、「水が入らない」というのは一長一短ですね。
まず、絶対的に暖かい。
水が入らないから生地を薄くできて、当然動きは楽になります。
ただ、浸水を防ぐ為、首などエンド部分はかなりピッチリ。首への圧迫感がどうしても苦手な方にはお勧めできないかも。
水が入らないから当然おしっ●も気が引けます。(ブーツを接着していないので、水を入れれば下から流れますが。。)

う~ん。。難しい。
でも僕なら、首の圧迫感はあの防水性を体感すれば許容できます。
結局、おしっ●が最も引っかかるかな(笑

とりあえず、まだ1年間あるのでちょこちょこテストを繰り返してみます。
寒冷地の皆様、これも持って営業伺いますよ。
でも2mmは真冬用商品にはしない予定です(笑

こちらはおまけ↓

Dry suits1

Dry suits1

Dry suits2

Dry suits2

 

上記テストの数日後。
今度はブーツ接着型完全ドライスーツのテスト。(今回僕は実験台ではありません)
内側縫い目も全てシーリング加工済み。
ですが、手首の先端をダブル(2重)構造にしなかったため、この部分から中に着ていたシャツを伝って浸水。
着ていたインナーの腿まで湿っていますね。(それより下は乾いています)
手首はパドル時に水面に当たり、上がったり下がったり、かなりデリケートな部分のようですね。

しかし、、ブーツの先端て臭くなりそう。。
だって干しても風が通らないんでしょ?乾きにくいですよね?
このタイプ、鼻が敏感な僕には耐えられそうにないです。

Coltex.’09-’10セミドライ詳細はこちらをクリック↓

coltex09sale1

★お知らせ★
写真が縦に並んで表示される場合、ブラウザアドレスバー横の「ページ」ボタンをクリック→この中の「互換表示」をクリックしてみてください。すっきり見やすくなります。

ドリントンサーフボード、FACTORA.、Coltex.ウェットスーツ
に関するご質問はお問合せフォームから、又はqualityhardcore@gmail.comまでお願いいたします。

1月28日(木) 22時更新

2010 年 1 月 28 日 木曜日
鵠沼1

鵠沼1

鵠沼2

鵠沼2

鵠沼3

鵠沼3

こんばんは。午後、風の弱まった頃から日没までザブザブしてきましたよ。
場所は鵠沼、サイズは肩くらいでしょうか。
ボヨつきやよじれが酷く、気持ちの良いブレイクではありませんでしたがGoodサイズをまたもや貸切でした。

しかし、今日は検討しているブーツ2種の内の一つをテスト、これが最悪でした~
水は入るわ、足の甲は痛いわ、変な感じで張り付くわ、、馬鹿にしとんのか(笑
ウェットがポカポカなのに、足元だけ本当もったいない。。。もう二度と履かん。
という訳で波乗りの調子は×。
皆様もブーツの購入にはお気をつけ下さいね。

Coltex.’09-’10セミドライ詳細はこちらをクリック↓

coltex09sale1

★お知らせ★
写真が縦に並んで表示される場合、ブラウザアドレスバー横の「ページ」ボタンをクリック→この中の「互換表示」をクリックしてみてください。すっきり見やすくなります。

ドリントンサーフボード、FACTORA.、Coltex.ウェットスーツ
に関するご質問はお問合せフォームから、又はqualityhardcore@gmail.comまでお願いいたします。