Notice: _c の使用はバージョン 2.9 から非推奨になっています! 代わりに _x() を使ってください。 in /virtual/kanichi/public_html/blog/wp-includes/functions.php on line 3423
2010 年 8 月 のアーカイブ

8月30日(月) 15時更新

2010 年 8 月 30 日 月曜日
辻堂周辺1

辻堂周辺1

辻堂周辺2

辻堂周辺2

こんにちは。少し入ってきました。
サイズはセット腿前後。
基本ダンパーがほとんど。切れた波も先のよじれるセクションから割れてしまい大苦戦でした。
全く期待せず行ったものの、予想を大幅に下回ってくれました(笑

ただ今日はPC-CRVというフィンをテストしてみたのですが、これがなかなか面白い動き!唯一の収穫でした。
テールが浮き上がり、クネクネ加速してく感じ。しかも相当速かった(笑
PC-CRVは昔の「カーブフィン」のリニューアル、最近の軽量素材であるパフォーマンスコア版です。
今日試したのはクアッド。フロントフィンにPC-CRV、バックフィンにGx
バックフィンがもう1サイズ小さいと更に敏感になって、なお面白いかも!?
次回はトライを含め、他の組み合わせも試してまた報告しますね。

8月29日(日) 13時15分更新

2010 年 8 月 29 日 日曜日
辻堂周辺

辻堂周辺

第二周辺

第二周辺

茅ヶ崎チサン

茅ヶ崎チサン

こんにちは。今日は藤沢方面でコンスタントな腿腰サイズ。
位置を選べば少し走って1アクションくらいでしょうか。
今後は昨日同様、風で押し上げてもらえるか。。
おそらく1サイズくらいはアップしそうです。
チサンは波数の少ない腿前後。夕方は厳しいかもしれません。

こちらはおまけの映像。
FACTORA. HPX-2のライド映像 by スチュアート・スミス本人。
チャンネル9ニュースのお天気映像から抜粋です(笑↓

HPX-2改は今年上半期、全パフォーマンスラインナップ中(スカッシュのノーマルタイプ)で最も評判の良いテンプレートです。
ビーチブレイク用のオールラウンド、少し短くして幅を広めに取る方が多く、ドライブしながらも強いルース性が特徴です。
オーストラリアでもセールスの7割程を締め、地元バーレーでは多数のサーファーがマジックと語るこのテンプレート、スチュアート渾身の自信作です☆
僕は反応の早いファイバーフレックスで再々オーダー中、完成はまだ先になりますが本当楽しみです。
スチュアート、胴体は野太いですが、バックハンド良いです。特に3発目。
削る人がパフォーマンスを維持して、しっかり若いターンを刻んでくれると安心してオーダーできますね。
話せるし、先を読んでくれる。僕にとってはとてもとても重要なことです。

ビーチブレイク用オールラウンド HPX-2改の紹介はこちら

8月28日(土) 12時50分更新

2010 年 8 月 28 日 土曜日

こんにちは。波の方はこの時間帯も膝腿サイズ。
入った友人曰く、場所によって少しは走れるようです。
今後は夕方前の風波アップに期待、午後②のチェックがお勧めです。

映像は過去の10ポイントライド@チョポ タヒチ。
WT選手がここまで素で興奮するって凄い。。
アドレナリン放出はスポーツの最もエッジな楽しみ方ですね。
その瞬間の感触、視界が鮮烈に刻み込まれて忘れ得ぬ思い出に。
身を危険にさらすことで初めて湧き上がる生の実感。。。
同じサーフィンライフ、アドレナリンは出せるだけ出した方が深みが増しますね。
気絶しない程度に(笑