Notice: _c の使用はバージョン 2.9 から非推奨になっています! 代わりに _x() を使ってください。 in /virtual/kanichi/public_html/blog/wp-includes/functions.php on line 3489
2011 年 11 月 7 日 のアーカイブ

月曜日 12:30 ドリントンNEWモデル / 静岡営業Trip

2011 年 11 月 7 日 月曜日

こんにちは。昨日は先週に引き続き静岡エリアへ。
今回もローカルの皆さんの親切で激空きポイントに案内頂きました。
雨と歩きの長さで写真はありませんが、本当クセの無い良い波でした。
「先週はずっとあったよ~」なんて言われ、こんなにも出来る日数が違うんだなぁ、、と
うらやましいですね。
JB、チームの皆さん、今回もありがとうございました!

今回の内容はColtex.のデモンストレーションから新たな取扱店オーナーさんによる各モデル試乗、ドリントンのNEWモデルのテストまで。

上の写真がそのNEWモデル。
一見ノーマルですが、短めで幅広め、全体的に薄め、です。
サイズは5’5″ x 18 3/4″ x 2 1/16″

おおよそ5’10″のプロモデルと同程度のドライブを出したかったことから、ノーズから弱めのロッカー→フラットエリア長め→操作性の高いキックテール。
通常のノーマルボードより4インチほど短めがベストレングスとなります。

テール形状は小波での操作性を軽くする、角をさらに丸めたラウンドスクエアテール。(オーストラリアではSquash tail)

ドリントンシェイプの強い特徴である「スピード&ドライブ」を消すことなく、小波対応力を上げているイメージです。

僕を含め、そこそこ乗れる数人が乗った感想は、
欲しかった性能
・小波で良い意味の回転性
・スピード&ドライブはいつも通りのレベル
・ターンのちょっとしたミスを緩和
これらは高次元で満たしていると思います。
しいて言えば、もう1/2インチ短くてもスピードとドライブは十分に維持されそう。

現時点、この試作はとてもフィーリングが良いので、今後モデルにしようかとも考えています。
小波メインのオールラウンド。この部類では基本性能、かなり高いと思います☆
また乗りこんでレポートします!

今年のセミドライ詳細はこちら↓ からご確認下さい!