Notice: _c の使用はバージョン 2.9 から非推奨になっています! 代わりに _x() を使ってください。 in /virtual/kanichi/public_html/blog/wp-includes/functions.php on line 3423
2017 年 2 月 28 日 のアーカイブ

火曜日 Yellow クアッドシモンズ “GILL2″ ☆

2017 年 2 月 28 日 火曜日

Exif_JPEG_PICTURE

こんにちは。この時間帯も膝前後のスモールサイズ。
ショートでは厳しい状況が続いています。
今回の北東風では普段反応するポイントも微妙なままでした。
次にショートで出来るのは明後日でしょうか。
風が入ろうがなんだろうが、サイズアップに期待です☆

商品関連では上の写真。
今日の様な小波でも使えるクアッドシモンズ “GILL2” がまた一本アップです☆
このGILL2はうちにおけるショートレングスの中では、最も『爆走系』に位置するテンプレート。
テイクオフ、初速、滑走のトップスピードではこれに敵うモデルはありません。(あくまでショートレングスの中では)
Exif_JPEG_PICTURE

 

最近はスチュアートシェイプのFA MINIと迷われている方が多い印象ですが、
・上記のとおり、テイクオフ、初速、滑走のトップスピードではGILL2
・コントロールの軽さ、簡単さではFA MINI
・両者共にオンショアもばっちりOK
というイメージです。

こちら↓ は強オンショアでのTetsuさん動画。
ボードの推進力があり過ぎて、下の波・別の波にまで乗り移っています(汗

 

僕自身もシェイパーさんや友人から様々なクラシックボードを借りて試乗していますが、
ここまで色々乗ってみて、、、
シモンズ以上に「走る」デザインは存在しないと思います。
Exif_JPEG_PICTURE

 

テールが広くて、センターもノーズも広い。
これにより左右のアウトラインはとてもパラレル(並行)になり、
まっすぐに進もうとするフォースが曲がろうとするフォースを上回る。
加えて独特のフラットロッカーでコンケーブも強い。
Exif_JPEG_PICTURE

爆走して当たり前、、、というデザインですね。
そんなデザインをクアッドセッティングにして、コントローラブルなチューンを入れたのが
この“GILL2″です☆
Exif_JPEG_PICTURE

 

GILL2は昨年あたりからオーダー数がうなぎ登りとなり、HATCHETとのダブルシモンズ持ちというお客様が増えましたが、
大方の皆さんが言われるのが
・圧倒的に簡単に動く
・風でも使えるようになった

この二つです。
近いところでは上の動画のTetsuさんが全く同じことを話しており、それが理由で
「これをお勧めした方が良いです!」と助言をくれていました☆

GILL2
『スピードを最優先、続いてコントロールを求める』
という方には今年もお勧めしていきます!!

この一本は辻堂のKさまオーダーボード。
サイズは5’1″ x 20 5/8″ x 2 3/8″
・センターバイト用のFCSカップx1(カスタム)
・ボランクロスをデッキ&ボトム両面に使用
・バフ仕上げ
・アイボリー(クリーム)xネイビーxワインのティントアート
となります☆
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック↓↓↓