Notice: _c の使用はバージョン 2.9 から非推奨になっています! 代わりに _x() を使ってください。 in /virtual/kanichi/public_html/blog/wp-includes/functions.php on line 3423
2017 年 5 月 のアーカイブ

水曜日 腿腰セット腹 / Coltex.最新セミドライ試作②(再レポート)

2017 年 5 月 31 日 水曜日

こんにちは。オンショアの中、少し入ってきました。
腿腰セット腹。
見た目以上にパワーが無いですが、水の集まる波に乗れば何とか2アクション。
今後、夕方にかけてが良い時間になりそうです。
オンショア好きは夕方前のチェックです☆

商品関連ではColtex.
数日前にアップしたセミドライ試作Part2のレポート。。。
先日のサイトクラッシュ(ウィルスではありません)により、この二日間の記事が消えてしまいました(泣
このため、今一度アップしておきます。
一度読まれた方はスルーして下さって結構です。

第一作目の改善点を反映させて作ったこれ↓
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

防水性が特に凄かった!!
肩周りからの浸水の少なさは、、、現時点でもColtex.歴代一位か!?
海から上がってインナーフラップの一部が濡れていないという(汗
(これは入水後ではありません↓)
Exif_JPEG_PICTURE

テストは腹胸のオンショア、波数を乗ってコケまくる僕ですから
チェック環境としてはそれなりです。

 

そして、、、脱ぎやすさも抜群!!
シンプルな構造ながらスパスパ脱げます。(これも歴代一位か、同率一位か笑)
これはカットなど構造による所もありますが、新素材採用も大きいでしょう。
ただただ、、伸びます(汗
肩の筋肉が両方とも簡単に出てしまいました☆

ここまで例年以上に順調に進んでいますので、正直まだ余力があります。
もうちょっと試したいこともあるので、まだまだ終わらせません(笑
次のレポートもチェックをお願いします!!

 

今年のベルクロZIP今までのColtex.には無い素材を一部に使い、

・より(と言うより、かなり)脱ぎやすく
・防水性を1.5段階アップ
・一部の素材を見直し、さらに長持ちする(壊れにくい)

こんな3つの内容を『誰が来ても違いが解ってもらえるくらい』引き上げるべく、進めています!!
Exif_JPEG_PICTURE

 

2017・最新モデルはこちらをクリック!!↓↓↓

火曜日 マット・ウィルキンソンのバックハンド!!

2017 年 5 月 30 日 火曜日

こんにちは。この時間帯は膝前後のスモールサイズ。
地形の決まった場所で何とか乗れていますが、ボードは長めが良いでしょう。
気持ち良く走るならミッドレングスやログのみと思います☆
しかし使えます、長いボード。。。
休む暇が無くなるのが欠点ですが(汗

映像はそんな緩いボードとは対照的なマット・ウィルキンソンバックハンド!!
僕も大好きなサーファー。
試合でも彼のバックハンドは一本も見逃したくない~とチェックしていますが、
やはり世界的にみてもそのようです。
メイソンやメディーナの口調からも、かなりのリスペクトを持って見られてそうですね(汗
昨日と同じことになってしまいますが、
こんな遠心力ターン、、、一度で良いから体感してみたい(泣
最近自分の練習では、ターン中の頭の位置で随分とかかるGが違うのを感じています。
この方法が合っているかはまだ分からないけど、一段階上を目指し模索中です!

 

こちらは以前にもアップした彼のバックハンドレクチャー!!
貴重ですね~バックハンドの神が言葉で説明してくれる☆

 

最後↓ はコーチのグレン・”マイクロ”・ホールと。
思えばこのマイクロ・ホールのバックハンドも大好きだった!!

 

2017・最新モデルはこちらをクリック!!↓↓↓

金曜日 腿腰、微妙な波。。 / Yellow クアッドシモンズ “GILL2″☆

2017 年 5 月 26 日 金曜日

Exif_JPEG_PICTURE

こんにちは。この時間帯は腿腰~MAX腹の速い波が中心。
東混じりの風のせいか、加速セクションが難しくなっている感じ。。(汗
不意打ち的に良い波も入ってきますが、皆さんまったく乗れてません。
見た目以上に難しいんでしょうね。(←でもこれ、板で解消できます。ほぼ断言です。)
時間のある方は午後ラウンドの方が良いかもしれませんね。
地形の決まった場所ではポイントブレイクのルール&マナーを守って楽しみましょう☆

 

商品関連では上の写真。
今日の様な『ヨレ波&強オフ、どんと来い』なクアッドシモンズ “GILL2” がまた一本アップです☆
このGILL2はうちにおけるショートレングスの中では、最も『爆走系』に位置するテンプレート。
テイクオフ、初速、滑走のトップスピードではこれに敵うモデルはありません。
(あくまでショートレングスの中では)
Exif_JPEG_PICTURE

最近はスチュアートシェイプのFA MINIと迷われている方が多い印象ですが、、、

・上記のとおり、テイクオフ、初速、滑走のトップスピードではGILL2
・コントロールの軽さ、簡単さではFA MINI
・両者共にオンショアもばっちりOK

というイメージです。

こちら↓ は強オンショア、もちろんビーチブレイクでのTetsuさん動画。
ボードの推進力があり過ぎて、下の波・別の波にまで乗り移っています(汗

 

僕自身も様々なクラシックボードを試乗していますが、
ここまで色々乗ってみて、、、
シモンズ以上に「走る」デザインは存在しないと思います。
Exif_JPEG_PICTURE

 

テールが広くて、センターもノーズも広い。
これにより左右のアウトラインはとてもパラレル(平行)になり、
まっすぐに進もうとするフォースが曲がろうとするフォースを上回る。
加えて独特のフラットロッカーでコンケーブも強い。
Exif_JPEG_PICTURE

 

爆走して当たり前、、、というデザインですね。
そんなデザインをクアッドセッティングにして、コントローラブルなチューンを入れたのが
この“GILL2″です☆
Exif_JPEG_PICTURE

 

GILL2は昨年あたりからオーダー数がうなぎ登りとなり、HATCHETとのダブルシモンズ持ちというお客様が増えましたが、
大方の皆さんが言われるのが

・圧倒的に簡単に動く
・風でも使えるようになった

この二つです。
近いところでは上の動画のTetsuさんが全く同じことを話しており、それが理由で
「これをお勧めした方が良いです!」と助言をくれていました☆

GILL2
『スピードを最優先、続いてコントロールを求める』
という方には今年もお勧めしていきます!!

この一本は逗子のKさまオーダーボード。
サイズは5’3″ x 21″ x 2 5/8″
・ボランクロスをデッキ&ボトム両面に使用
・バフ仕上げ
・濃紺系のティントにグレージュというカラーのアクセント
となります☆
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

2017・最新モデルはこちらをクリック!!↓↓↓