Notice: _c の使用はバージョン 2.9 から非推奨になっています! 代わりに _x() を使ってください。 in /virtual/kanichi/public_html/blog/wp-includes/functions.php on line 3423
2017 年 5 月 2 日 のアーカイブ

火曜日 EPSのGILL2☆

2017 年 5 月 2 日 火曜日

Exif_JPEG_PICTURE

こんにちは。今日は膝腿のスモールコンディション。
微妙な強さのオンショアも吹いており、なかなか厳しいです。
地形が残っているので、走るクラシック系&長めであれば楽しめるピークはありそうです。
昨夕やれた方はラッキーでしたね(汗

上の写真は先月アップしたGILL2
この一本は超軽量のEPS
ワインレッドのティント。
Exif_JPEG_PICTURE

クラシック系はやや重めでグライド感重視というのがベースとは思いますが、
このN君のようにボランクロス仕様の重厚バージョン超軽量EPSの二本持ち、というのもアリかと思います。
コンディションによって使い別けるシモンズマニアですね☆

通常のショートボードやフィッシュを含めた『ショートレングス』のカテゴリーでは、
このシモンズ以上に走るデザインはそうそう無いと思います。
もちろんボトムコンツアー&ロッカーは最重要項目の一つですが、
レールがカーブせずパラレル(平行)であることはダイレクトに滑走感に反映されています。Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

 

とにかく不思議なほど走る。
テイクオフはもちろん、スタンドアップ後も。
最高速度が高く、そこに達するのも早い(汗
その分動きは抑制されていますが、このコントロール法を学んでいくも大変楽しい☆
Exif_JPEG_PICTURE

僕の場合は脚力が無いのでサイドステップ(レール際に立ったり)を多用しますが、この辺りは人それぞれでしょう。
ウォーレンのようにショートらしく、ガンガン踏める人もいる。
ただ、、一つ言えることは、
この学び過程においてもボードは止まらず、超高速で走り続けているということ(笑
走るというバックアップ、止まらない~という安心さえあれば、
「ここを踏むとこんなに動くんだ~」とか「意外とノーズ周りのレールも使えるぞ。。」
なんて発見は最高に楽しい時間となります☆
Exif_JPEG_PICTURE

 

TetsuさんはこのGILL2で強~い風波コンディションを
スピードを利用して他の波に乗り移り、下の波に乗り移り、、、
繋がらない波もことごとく岸まで乗り繋いでいました☆

 

2017・最新ジャージフルはこちらをクリック!!↓↓↓