火曜日 NEW S-BOLT、モデル詳細をサイトアップ!! / またしても僕の動画(汗

おはようございます。今朝は膝腿のスモールサイズ。
ショートは厳しいです。
が、、幸い地形はありますのでミッドレングスやログでの滑走には十分!!
空いていますので、お時間のある方は1Rどうぞ☆
昨夕は上がるかと期待しましたが、厳しかったようです。
日没前にチェックに行きましたが、バチンと上がれる波ではありませんでした。
希望的観測すぎる波情報、申し訳ありません!

 

商品関連では上の写真、スチュアートシェイプのNEW S-BOLTをサイトアップしました!!
以前のバージョンとシェイプディティールが変わり、お勧めスペックや写真などを新たにしています☆
触った感触としては以前よりもソフトなボリューム感を出しており、(旧バージョン比較で)1インチ長め&わずかに細めを推奨。

Exif_JPEG_PICTURE

分かりやすく変わっているのはテイクオフやパドルなどの推進性能、そしてターンのドライブ感。
踏めば走り・ターンで伸びる感じが強いのは、アベレージレベルをしっかりと受け止める要素!!
ポケットから出た瞬間に減速するようなタイプではなく、僕でも安心してeveryday use出来ています☆

が、、、
ロッカーは意外にもつけられており、動き自体は軽い!!
sb-s-bolt_3

ここ最近、小波用やトランジッション系がメインだった僕には少し長い5’7″を使っていますが、
楽さの割に動きは軽く、行きたいセクションに自由に板を運べる。
このボリュームを考えると、操作性の高さは合格点を大きく上回るものです。
Exif_JPEG_PICTURE

 

こちらはいつもお世話になっているNさんが撮ってくれた僕です。
大したことは何もできていませんが、一般レベルが楽に乗れることを証明しています!!

先日アップしたテイクオフ映像の隣のポイント。
サイズは腰腹。ショアブレイクにつながってしまう、15mあるかないかという波。

キレのあるリップアプローチは出来なかったものの、3ターン入ったのは
初っ端のポケットでしっかりとボトムに落とせたから。
そこで急いで上がらず、波のブレイク速度に合わせた。

さらに遡ると、、、
テイクオフでもたつき無く立ち上がり、スピードをつけた上でボトムに向かえた。
僕の考えでは上級者以外はこのテイクオフの精度をあげるしか道はないだろう、、と思っています。
だからこそ、、

ここを助けてくれるパフォーマンス系は腰サイズにおいても機能的な道具になります。
早く立てさえすれば、最も『簡単(自由に動く)な道具』。
BENDERシリーズ(NEW BEBDERやSTEP)こそが、まさにそれ!!ですが、
それよりも大きめのサイズをカバーするボード、オールラウンド系をお考えの方には、、、
このNEW S-BOLT、オススメ度の高いモデルとなります☆


スチュアートシェイプのハイパフォーマンス系、サイト上のラインナップは再編成します。
ここ数年で頂いたインプレッション(電話の内容なども含めて)は全て記録しており、
推すべきモデルとレギュラー落ちモデルを決めました。
販売数ではなく、あくまでインプレッションの内容で判断し、
日本向けとしてベストなモデルだけをご紹介していきます☆☆☆

 

2018・最新ジャージフルはこちらから!!↓↓↓↓

タグ: , , , , , , , , ,

コメントは受け付けていません。