日曜日 ドリントン CV・セミガンバージョン☆

Exif_JPEG_PICTURE

おはようございます。今朝は頭~場所によりダブルサイズ。
面が良く、複数のポイントでGOODブレイクです!!
今日がベストかな!?
ビーチは一部を除きNGかと思いますが、相模湾をウロウロする価値はあると思います!
台風の良い波はず~っと記憶に残ります
最高の想い出ができると良いですね!!
ルール&マナーを守って皆で気持ち良くやりましょう☆

写真はドリントンCV・セミガンバージョン!!
1

ドリントンらしくノーズ&テールは薄め、シャープな印象が強いですが、
ストリンガー周辺のボリュームは結構しっかりとつけてあります。
そのエリアが前後に長い。
Exif_JPEG_PICTURE

パドルからグイグイ進みそうな触り心地でした☆
海が動いているようなコンディション、
そして重い水に負けないよう、しっかりとチューンナップしてある感じですね。
Exif_JPEG_PICTURE

 

思うに、僕のような中年サーファーがセミガン(または長めのショート)に乗る理由は、、、
攻めたい~ではなく、『より安全に効率よく大きい波を楽しむ!!』
これなのかな、と。
Exif_JPEG_PICTURE

そもそも、これに乗るようなサイズの波でリップしようとも思わないし、
それよりもコンマ一秒でも早く安全に立ち上がり、すぐにトップスピードに上げて、しっかりとカットバック!!(この時も弾かれたくないですね笑)
そして出来るだけ長く乗り繋ぎ、一秒でも早くウェイティングポジションに戻りたい(汗
Exif_JPEG_PICTURE

 

僕も6’6″は手放さず、相変わらずキープしています。
このセミガンはディケールはダルバーグですが、実はドリントンシェイプです(以前にシャドーをしていた関係上)。
オーストラリアではこれでそれなりのサイズまでやりましたが、とにかく安心感が凄かった(笑
泡の上も安定してグイグイとパドルでき、乗れば硬いフェイスでも本当に安定する。
自分を大きい波は苦手なタイプ、と思っていましたが、
これは道具が合っていなかったのだと確信した瞬間でした。

話を写真のボードに戻しまして、これは6feet少々程度のレングス。
Exif_JPEG_PICTURE

僕の体力だと、ちょうど一昨日&昨日の波に良いのでは、と感じます。
デッキ面にはフレックスするが、とても丈夫な特殊クロスを使用。
仕上がり最高だった一本です☆
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

Coltex.最新シーガル・スプリングはこちらをクリック!!↓↓↓↓

タグ: , , , , , , , , ,

コメントは受け付けていません。