Notice: _c の使用はバージョン 2.9 から非推奨になっています! 代わりに _x() を使ってください。 in /virtual/kanichi/public_html/blog/wp-includes/functions.php on line 3494
2020 年 2 月 5 日 のアーカイブ

水曜日 “FX-4″ ホワイトxブラックスワール / 同時にお客様インプレ☆

2020 年 2 月 5 日 水曜日

Exif_JPEG_PICTURE

こんにちは。この時間帯は腿腰セット腹サイズ。
オンショアが吹き始めて一時間少々、、まだサイズ変化はないので待機が良いでしょう。
夕方には風波がやれそうですね。
明日にはサイズダウンするはずですので、ショートの方は午後~夕方をチェックです。

 

写真はスチュアートシェイプの小波用で一番人気 “FX-4″ です☆

Exif_JPEG_PICTURE

このモデルを表現するならば、、、
・波キャッチが激楽
・直後の横走りも激速い
・そのくせ動きまくる

湘南を含めた “微妙な波” をアクションを交えた上で処理するには、とてつもないテンプレートだと思います。
このホワイトxブラックスワールはSさんのオーダーボード。
初乗りされインプレを頂いています。Sさん、ありがとうございます!!
1
悪い波ほど、早く(速く)立ち上がることが大事。
波キャッチが激楽なのはFX-4独自のフラットロッカーによるもの。
直後の横走りの速さもそれですね。
Exif_JPEG_PICTURE

波のトップで留まることなく前に出る、つるつる滑る妙な感覚☆
この『前に滑るような感覚』はテイクオフからショアブレイクまで続くと思います。

しかし、実際にフラットなロッカーはストリンガー部分(ボードの中心)に集中しており、
レールのロッカーはそれなりに上げてある。
前足周辺~その少し後ろあたりから。
Exif_JPEG_PICTURE

たるいセクションで前を踏み込んでも、レールが食い込みすぎないのはそのおかげ。
前レールが噛んで止まってしまう、という現象はほとんど感じたことが無い。
焦って前のめりになりやすい中年サーファーには嬉しいと思います。(僕自身はだいぶ助かっています笑)
Exif_JPEG_PICTURE

 

そして特に、
テールエリアのVeeコンケーブ部分はしっかり上がっており、これが上記の『動きまくる』部分でしょう。
Exif_JPEG_PICTURE

微妙な波の小さなポケット、不意に現れるよじれにも対応がしやすい。
技数は確実に増えるはずです☆

動きのタイプとしてはクリクリ系に近いので、
そこをあえてカーブやら、カーブからのスラッシュなどでアクセントするのが美味しいかもしれません。
もちろん縦にも振れますが、ボード自体が短いのでトップから突き出すような威圧感は出しにくいと思います。
横への速さと技数で勝負ですね☆

なんせ処理がしやすい、、、
オールデイ、色んなコンディションで楽しめるボードなのです。
Exif_JPEG_PICTURE

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓