Notice: _c の使用はバージョン 2.9 から非推奨になっています ! 代わりに _x() を使ってください。 in /virtual/kanichi/public_html/blog/wp-includes/functions.php on line 3494
2021 年 3 月 29 日 のアーカイブ

月曜日 2021ジャージフル!! / <ベルクロZIP>

2021 年 3 月 29 日 月曜日

Exif_JPEG_PICTURE

こんにちは。この時間帯は頭オーバー~頭半程度でしょうか。
まだ入っていませんが、十分なサイズをキープしています。
今後も日没まで十分に遊べそうですので、泳力に合ったポイントを選んで下さい!
ルール&マナーを楽しみましょう☆

写真はColtex.ジャージフル!!(¥46800~)
今日はオーソドックスなベルクロZIPのご紹介です。
今年もフォーカスしたのは、Coltex.の特徴である『楽なパドル・ソフトな着心地』。
大好評の背中~両腕一枚パネルに加え、他のモデル同様胸パネルと脇の一体化も継続です。
ステッチや切れ目(カット)のない、Coltex.独特のスタイル。
Exif_JPEG_PICTURE

パドリングに影響する部分のカット(=ボンド&ステッチ)がさらに減少し、腕を回す動作が軽くなるはずです☆
着心地を追求したものではありますが、
カットの少なさは結果として『タフネス』も引き上げています。

 

大好評につき継続となる、背面の一枚パネル。
この範囲に接着面・縫い目は無く、広範囲のフリーストレッチ!!
Exif_JPEG_PICTURE

背中から両腕、エンドは首元に至るまで、、、シームレスの1パネル↓ で作ります☆
昨年までのお客様インプレでは、「夏用タッパを超えている」との声も頂きました。
上半身、特に肩の楽さはパドリングで感じて頂けると思います。
Exif_JPEG_PICTURE

こちらは裏から見た背面。
腕から背中全体、そして首元まで完全な一枚パネルとなります↓
Exif_JPEG_PICTURE

 

着脱部分にはフリーショルダー(ネックエントリー)のネックパーツと同じ、アルティメットストレッチ素材を使いました。
首元の黒いパネルがそれ↓
これにより、今まで以上の伸び・耐久性が出るはずです。
Exif_JPEG_PICTURE

 

他のスーツと同様、強度面も忘れていません☆
ボードとの間で酷使される股の接合面。
力を逃がすよう、計算した湾曲カットで接着しています。
Exif_JPEG_PICTURE

テスト段階ではテープによる補強が要らないタフネスを感じていましたが、
念のため“補強テープ”を標準装備しています。
補強テープは部位によってタイプを変え、肩周辺にはストレッチテープを使用します。
この部分は強度を上げるため、表側まで巻き込んでいます。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

下半身にも最新バージョンの立体カットを採用。
特に膝の感覚に影響する「膝裏カッティング」にはこだわっています。
突っ張り感の無い、自然なフィーリングを感じて貰えると思います。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

マテリアルについて。
ベルクロZIPのマテリアルはウルトラストレッチ・超軽量マテリアルのみを使用。
NESLは生地の硬化が極端に少なく、この柔らかさと軽さは2年目も!
お客様のインプレ&リピート率は極めて高く、最高のコストパフォーマンス素材だと思います。
4

 

カラーパターンは全24色+メランジ系6色。
加えてカモフラージュが3色となります。
メランジ系には新色『メランジ・ブラック』が加わります。
colorsExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE