‘サーフボード’ カテゴリーのアーカイブ

木曜日 今日はNEW S-BOLT、そして新感覚バックZIPをテスト☆

2019 年 4 月 11 日 木曜日

IMG_1310

こんにちは。この時間帯は胸肩サイズ。
オフが強いのでサイズダウンするかと思いきや、潮が引き始めて掘れ具合が増しました。
悪いブレイクではなかったですが、総じて速い。
1時間ほどとても良い時間帯があり、しっかり巻きましたがこのタイミングで決めることができず(泣
右往左往して、最後はタイムアップとなりました。

今日は右のボード、NEW S-BOLTメインで。
相変わらずクセもなく地道にレベルを上げるならこれだろう、、という乗り味でした☆
軌道がとても自然。妙な回り道がないボードだと思います。
しかし、、、
波の速さを思い返すとNEW STUBでウネリから立っちゃった方が良かったかな!?(笑
IMG_1259

 

水が冷たかったので、スーツはこちらをテスト。
ALL4mm新感覚バックZIP
Exif_JPEG_PICTURE

マテリアルは水をほぼ吸わないという、例のやつです。
かなり良い所まで来ており、継続して進めています!!
ジャージフルのサイトアップが遅れております。
今年の新調をお考えの方はこちらからチェックして下さい↓
・ベルクロZIPはこちら
・ストレッチファスナーはこちら
・フリーショルダーはこちら

1Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

土曜日 腹胸 / NEWバージョンのBMG☆

2019 年 4 月 6 日 土曜日

Exif_JPEG_PICTURE

おはようございます。今朝は腹~胸肩。
それなりにサイズは残りましたが、地形が悪いせいか繋がらないポイントが多いです。
上手い子でも1~2アクションが限界か、、途中で消えてしまいます。
今後、お昼前の干潮時がベストタイムになりそうです。
後半まで保つような印象は無いので、早目の行動が良さそうですよ!
ルール&マナーを守って楽しみましょう☆

上の写真はここ数年でアップデートが進んだBMG
BMGは以前一番人気のモデルでしたが、このモデルもまた止まることなく進化しています。
これは昨年だったか?少し前に完成したボード。

Exif_JPEG_PICTURE

 

僕の周りで、おそらく最も乗り込んでいるのはスチュアート本人で、州タイトルの掛かった試合でも使うほど。
彼も言いますが、
・テール周りのアウトライン
・テール周りの厚み
が最もアップデートされた部分。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

これにより旧バージョンで感じられた、
セクションによっては頼りなかったり、ドライブが消える現象が無くなった、とのこと☆
確かに実際に旧バージョンと比較すると、テールエンドから中へ入った部分の幅がしっかりとある。
ラウンドピンではありますが、かなり張りがあるので『広めのラウンドに近い形状』とも言えそうです。
これが旧バージョンですね。薄く絞ったフィーリングでした↓
Exif_JPEG_PICTURE

 

BMGは元々動きの軽いモデルですので、
ここに失速の無いエンジンが搭載されれば、それは素晴らしいでしょう☆
オーダー数こそ以前より少ないですが(以前は一番人気のモデルだったので)、◎インプレの確率がかなり高い。
昨年あたりから「そろそろ目立ってきたな~」なんて感じております。
抜けの良いテール、お尻の軽い動きが好きな方には、
NEWバージョン BMG、チェックして頂きたいです☆
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

月曜日 掘れた波でも使えるミニボードはどれか?

2019 年 4 月 1 日 月曜日

おはようございます。今朝は腰腹サイズ。
昨日よりはだいぶトーンダウンしましたが、場所を選んで十分に遊べています。
今のところ面は綺麗なので、ボードはショートからミッドレングスまで楽しめます☆
徐々にサイズダウンすると思いますので、入る方はお早めの行動をどうぞ!!

映像は上手すぎてイメトレにもならないですが、ジャック・ロビンソンのチューブライディング。
ショートボードのサーフィンはチューブとエアー。
多くの人が言うように、この二つが最も気持ち良いムーブなのは間違いないでしょう☆
僕も前々回、そして昨日とだいぶやりましたが、それでも変わらず下手は下手。
勝手に抜けられてしまうような不思議なデザインはないものか(笑

この2回のベストボードはNEW STUB 5’4″
Exif_JPEG_PICTURE

これが一番スピードに乗りやすく、乗りたいポジションから最も立ちやすかったボード。
流れの強い中、40代の体力を支えてくれたパドルとテイクオフ。
そして、アウトラインがストレートだからか!?
張り付いた後も加速感が強く、普段以上に抜けられた。

 

しかし、スチュアートは最もバレルの中でのコントロールが楽なのは“BMG”だと言います。
以前からそうだが、昨夜もそんな話を。
フィジーにメインクイーバーとして持っていくのだから間違いないのでしょう。

小波でもガンガン走るNEW BENDERと同じロッカーを使用。
当然のごとく、ラウンドピンで絞ったテールは抜けもキレも良い☆
絶えることなくオーダーが入るこのモデルは今も名作中の名作です。
僕も次回試してみようかと思います。
※BMGはこの2年ほどで以前のバージョンからアップデートしています。
これはまた後日ご紹介します。
Exif_JPEG_PICTURE