‘サーフムービー’ カテゴリーのアーカイブ

金曜日 膝腿にダウン / 昨日はスチュアートの新作、クアッドフィッシュをテスト!!!

2017 年 6 月 23 日 金曜日

おはようございます。今朝はサイズダウンした膝腿。
小さいながらもウネリらしく割れており、何とか遊べますが、
それなりのボードが必要でしょう。
長め or 浮力強めなどなど、ボード選択次第でこんな日もパラダイスになり得ます☆
なんとか地形は有りますので、人の少ないピークを見つけて下さい。

昨日はBENDER STEPで足がパンパンになるまでターン!!
いつもは一時間半で切り上げるのですが、不思議と集中力も持続(汗
新しいフィン”FT“(トレド)↓ もしっかり試せて、中々濃い時間になりました。
Exif_JPEG_PICTURE

 

そしてそして、、、
一旦戻って15分で板交換して舞い戻り、、
試してきました、上のボード!!
スチュアートの新作、パフォーマンスできるQuadフィッシュ☆
同じ割ったテールでもこんなに違う↓
後のピンクはリップ専門家。
Exif_JPEG_PICTURE

 

とりあえず昨日のファーストインプレッションは、、、

強烈でした(笑

レングスは5’1″なのですが昇天するほど走る!!!
とはいえPIGやGILLのスーっとした滑走ではなく、
ショートのような踏んで グイグイでもなく、
ツルンツルン(笑
激速テイクオフはもちろん、立ってからもツルツルと速度が上がる。
こんなにアップスが気持ち良いボードは久々かも。。。
不覚にも、、波が許すなら延々アップスしていたかった。
歴1年の頃みたいです(笑
Exif_JPEG_PICTURE

 

ターンやアクションとしては、
アップスセクション後のカーブ&カットバック、
割れてくる泡へのアプローチ(ローラーコースター的なのやフローター)、軽いリップなど。
全般的にかなり軽く、反応が良い(というか速い)印象。
『重厚なクラシックフィッシュ』という感じではないですね。
この辺りが良い意味で「悪波対応」になれば理想かな!?と。
昨日の波は腹胸だったので、今後は膝腿などでも試してレポートします。
オンショアや膝腿で使えれば、、、モデル入りは確実でしょう☆

 

2017・最新モデルはこちらをクリック!!↓↓↓

水曜日 強オンショアと強雨の胸前後 / 短めx幅広ボードの教科書ライディング☆

2017 年 6 月 21 日 水曜日

こんにちは。この時間帯は胸前後の強オンショア。
場所を選べば夕方にかけてやれそうですが、この雨。。。
普通に考えればやらない方が良いコンディションでしょう(笑
明日は普通に遊べそうですし。
これでも行っちゃうマニアな方はポイントセレクトを慎重にどうぞ☆

映像はとても短いボードに乗る南米のサーファー。
派手さは無いですが、これまた基本がいっぱい。
スローモーのため、
ちゃんとした動作 & 幅広ボードで抜くと良さ気なところ等々、、
たくさん勉強できちゃいます☆
こんな効率的に身体が動けばどれだけ気持ち良いことか。。。
日本の海ではそうそう見れない柔らかさにも見えますね。

こちらは同じサーファーによるショートシングル↓
波が酷いですが、こちらも上手く乗ってます。

 

2017・最新モデルはこちらをクリック!!↓↓↓

火曜日 膝腿セット腰 / スチュアート本人、とうとうタイトル獲得☆

2017 年 6 月 20 日 火曜日

こんにちは。今朝は膝腿セット腰。
昨夕の風波は下がってしまい、速めの波質。
依然東うねりのように見えます。
現状、PIGなら十分に滑走(いや、、、楽しそう)ですが、ショートではとても厳しい。。
この感じであれば、夕方風に乱された方が走れそうです。
昨日同様、後半のアップに期待です☆

写真は先週末のスチュアート!!
クイーンズランドのタイトル戦、OVER-50ディビジョン(50歳以上)で優勝したそうです☆
オーストラリアでも最もレベルの高いエリアでこれは凄い。。
メンツもそれぞれの競争心も尋常ではないですからね、オーストラリアは(汗
シェイプも波乗りも、緻密でなければできないこと。
そして来る日も来る日も『本気』でやっているはずです。
僕とは衝突することもあるけど(良い形で納まりますが笑)、必ずと言っていいほど良いボード(頻繁にマジックも)が上がってきます☆

この人と組めて本当に良かった。
おめでとう、STU!!
ちなみに気になるボードは、、、
メインにPantera、そしてBMGだそうです☆
(やはり彼、Pantera好きですね。何本作っても必ず良いみたいです)
共にフレックスの柔らかいストリンガーレスPU、スチュアート独自のXF-RAPです。

 

そして、、、
スチュアートシェイプのリザルトはこれに留まらず、OVER-40(40歳以上)ではミック・ハセットさんまでも優勝!!
スチュアートのお友達でお客さんだそう。

このスプレーと身体の畳み方。。。
テール周りの水を見て下さい(汗
ボードが調子良いのはもちろんですが、熾烈なレベルだってのが解ります。
ボードはBENDERシリーズ(おそらくBENDER-STEPとNEW BENDERかと思われます)だそうです☆

 

そしてそして、、、
別のディビジョンではOVER-35でガイ・ゴフトンさんが2位、
OVER-45でクリス・ブルックスさんがファイナル進出、だそうです。
ライダーでもなんでもなく、上手い人&やる人が彼の周りに集まる。
それでいてコマーシャル活動はほとんど無し。
信頼の証です。

 

2017・最新モデルはこちらをクリック!!↓↓↓