‘サーフムービー’ カテゴリーのアーカイブ

木曜日 “NEW S-BOLT” ライディング映像&小波モデルとのサイズ差☆

2019 年 1 月 17 日 木曜日

おはようございます。今朝は腿腰サイズ。
昨日の後半よりも1サイズ小さく物足りないですが、
御前崎周辺では7~8mの西風が吹いており、この波がなんとか~という感じです。
現時点では面への影響が無いため、PIGなどミッドレングスが楽しそう。
ショートは後半の風波アップ&干潮に期待です。
今年は年始から遊べる日が続いています。
しかもその殆どが沖の西風。良い出だしですね☆

映像はスチュアートシェイプのNEW S-BOLT!!
ハイパフォーマンスとオールラウンドの中間的な乗り味。
パフォーマンスはあまり好まなかった僕自身が昨年一年間を通して乗り込みましたが、
それはそれは乗りやすいモデルでした。

 

具体的には、、、

・テイクオフやパドルが小波用クラスと同等に速いくせに、
・ターンはハイパフォーマンスらしくキレてドライブする!!

これにつきます。

この『ドライブする』とは短い小波パフォーマンスとの比較です。
一度のターンで伸ばせる距離が長いから、より奥から(泡の後ろから)トップに向かいアプローチできる。
しばらく乗れば自分の質を上げられるだろう、と確信して使い込みました。

 

旧バージョンS-BOLTと比較すると、
1インチ長め & わずかに細めが推奨となり、世の流れ(短め広め)とは異なりますが、
質の良いテンプレートとして、今年もお勧めしていこうと思います。
中級クラスでさらにレベルアップしたい、と強く願っている方にはグッドチョイスになると思います。

 

参考程度に僕自身のNEW S-BOLTスペックは、、、
5’7″ x 18 1/4″です。
NEW BENDERやBENDER STEPは
5’4″ x 18 5/8″~18 3/4″。(個体により)
厚みは体重に応じて調整ですが、この程度のサイズ差をつけて用途を別けています。

 

しかし、映像の彼。。
スチュアートの口からは一度も名前も聞いたことがありません。
一般サーファーにして、このサーフィン(汗
お父さんが、ちょっとやそっとじゃ褒めてくれないのも解ります(笑
1

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓

月曜日 シドニーの滑走映像 / ミッドレングスとフィンレスのFusion board☆

2019 年 1 月 14 日 月曜日

おはようございます。今朝も膝サイズのスモールコンディション。
地形の浅いエリアでミッドレングスorログのみ、割と遊べています。
お天気最高で気持ち良いですが、ショートには終日厳しいコンディションが続きそうです。
次は明日(火曜)後半の風波か!?なんて期待していましたが、
今チェックしてみると沖の風は夕方遅く~夜間に強まる予報。
水曜の午前中が濃厚ですね。

映像の楽しそうな波はシドニーの南だそうです。
景色も音楽も良い感じ☆
サーファーはマット・チョナスキとカール・ゴンサルベス。
ボードはミッドレングスシングルとログ。
最近思ったのはミッドレングスにはフィンレスで遊びやすい『極小スタビライザー用のプラグ』を入れておいても良いのかな!?と。
画的にはシングルBOXが良いですが、これで楽しみの幅はグイっと広がってきます☆
しっかりボランクロスを巻いた重く硬いミッドレングスでフィンレス滑走。
考えただけでも速度感にゾクゾクします(笑

画像検索するとやはり極小スタビライザーはスタンダード。
このウェグナーさんの名作もそうですね。

 

と、書きながら思ったのは、、、
ここ数年、パフォーマンスショート以外で最も刺激されたのはミッドレングス滑走とフィンレスサーフィンの二つ。
どれも対極的な乗り味で中間色なし。
あまりに違うので身体の混乱もなく、楽しく遊べています☆

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓

日曜日 本物スタイリッシュ男&アライアライディング☆

2019 年 1 月 13 日 日曜日

おはようございます。今朝は脛膝のスモールサイズ。
ログやミッドレングスでなんとか程度、、、
この時間帯は藤沢方面の浅いエリアでも波数が少なく、やる感じではありません。
今年は年始から6日間以上?遊べる日が続きましたが、ここにきて小休止ですね。
ここ数日、徐々に来ていましたので、
うねり再開時には水温がもう少し下がっているかと思います。
防寒用具の手配は早めにお声掛けください!!!
(本日現在、年末に入れた在庫はだいぶ無くなっています!)

映像はクリフ・カポノさん。
本物のオーラとスタイル。
男も女も、、大きい波に乗らないと出てこない何かがありますね(汗
厚みや深み。
諦めず、鍛えこんで挑戦を続け、恐怖を乗り越えて到達する。
何事も同じ気もしますね☆

こちらは彼のアライアライディング。
フォームのフィンレスよりも波のキャッチが難しく、
逆に滑り出してしまえば、フェイスの滑走は楽だと聞きます。

 

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓