‘ユーザー写真’ カテゴリーのアーカイブ

月曜日 Yellow “Performance PIG” / Tetsuさんによるボードテスト☆

2019 年 2 月 11 日 月曜日

Exif_JPEG_PICTURE

おはようございます。今朝は膝腿サイズのスモールコンディション。
ショートは厳しいですが、長いボードであれば十分に滑走できる波もあります。
この冬シーズンは前半2か月間にショートで遊べる日が連発しましたが、その後は普段の冬に逆戻りですね。
南西~西風ビュービューで風波ポイントのショート、それ以外は明らかにミッドレングス向きの波質(汗
楽しそうな小波用のショートが2本来ており、テストが待ち遠しいのですが。。(汗

写真は少し前に完成したYellow “Performance PIG”
PIGシリーズは今やYellowを代表するテンプレートに。
まさに冬用ボードですね。
Exif_JPEG_PICTURE

昨年中盤以降は7’0″~6feet台後半のオーダーも増えました。
このケースではMidよりもPerformance PIGのチョイスが多く、マニューバー寄りに傾倒しています。
そして、殆どの方が2本目のPIGオーダーというヘビーユーズ!
一本目のデフォルトレングス(7feet台中盤)をしっかり評価して頂けた結果だと思います。

写真からでも強烈なVeeコンケーブが見えますね。
このコンツアーが、この体積にしてこの動き!?という驚きを生んでいます。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

この一本はもう15年もお世話になっている茅ケ崎のOさんオーダーボード。
スレートXネイビーのピグメントをサンドフィニッシュで。
デッキ&ボトム両面にボランクロスを使用しました。
Exif_JPEG_PICTURE

 

僕の周りでは(僕はもちろん)TetsuさんもPIGにはまって乗り込みましたね。
彼は水中で借りる形で色んなブランドのクラシック系も乗っていますが、
PIGほど特徴深いミッドレングスはないと常々話しています。
滑走感と、掛かるGの感触。
ここが頭ひとつ抜けており、気持ち良いのだと思います☆
もちろんいまだに手放す気はなく、しっかりキープしています(笑
これ↓ は藤沢エリアで、下はポイントサーチして見つけた場所です。

 

ちなみに、Tetsuさんは思った以上に特殊なボード(クラシック系も含めて)に対しての理解が早いです。
長いボードも短いボードもすぐに乗りこなすわけですが、身体が理解したことを言葉に変えるのも上手い。
普段のショートとは被らない部分を突いており、彼の中に(様々なボードに対しての)複数の価値観があるのが分かります。
ターンが上手いサーファーなので、ターンに関わるコアな部分を話してくれるのも助かっています。
写真は以前にもアップしたPIGでのカーブ&ミニチューブ。
ショートですら、ここまでレールを立てるアマチュアは珍しいです。

去年~今年にかけてはドリントンのDouble Pin、スチュアートのQUAD FISHに乗り込んでいますが、
ミッドレングス(特にこのPIG)もまた彼がベストサーファーに見えたボードの一つです☆
以前はパフォーマンス系のテストをメインにお願いしていましたが、
彼の柔らかくスムースなスタイルはこちらにこそ真価を発揮している気が(汗
今後も楽しい系のボードは彼にもテストをお願いしていきたいところです!!

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓

木曜日 強オンショア!! / Kusakaさんとおまけのおじさま(元トップサーファー)☆

2019 年 2 月 7 日 木曜日

S__54894601

こんにちは。この時間帯は強いオンショア。
南南西が16mほど。後半は確実にショートがやれそうですね。
風波好きの方は午後②あたりからチェックです☆
面の綺麗な波は明朝。
残れば良いですが、ターンの練習はおそらくこの夕方がやりやすいと思います。

写真は先日のオフショア、Team Coltex.Kusakaさん。
ボードはお気に入りのNEW BENDER
S__54894602

何でも乗りこなす対応力がありますが、ドライブ感や動きの『質』にはとても敏感な人。
Kusakaさんのフィードバックから成長を遂げたモデルもありますね。
現在Panteraをオーダー中です☆
(All Photos by Chiharuちゃん、ありがとうございます!!)
S__54894604S__54894606S__54894607S__54894608

 

そしてオマケは凄いおじさんサーファー。
元世界で活躍したヒース・ウォーカーさん。
ボードは色々あるようですが、スチュアートからは離れないひとりです。
1

しかし、、、
海外のサーフインダストリーに携わる人は皆サーフィンが上手い!!
自分のために割く時間も長いし、自分の波乗りに対する情熱とプライドも高い。
日本サーフィン業のアベレージとはだいぶ違う部分ですね。

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓

金曜日 腰腹 / Tetsuさん、QUAD FISH動画☆

2019 年 2 月 1 日 金曜日

おはようございます。この時間帯は腰腹~大きい場所でセット胸サイズ。
やはり地形が壊れたようで、ブレイクは良くありません。
この後、昼②の潮が動く時間帯にかけて変化があると嬉しいですね。
西湘方面は肩サイズあるので、サイズを求める方は動いても良さそうです。
(西湘方面は地形&波質不明です)

上の動画はTetsuさん、ボードはスチュアートシェイプのQUAD FISH 5’1″
今乗り込んでいる彼の私物です。
QUAD FISHはFACTORA.の現ラインナップ(短いレングス帯)で最も速く走るテンプレート。
Exif_JPEG_PICTURE

フィッシュの気持ち良さ & 悪波対応という実益を兼ね備えたモデルです。
動画上でも、ペタペタのフェイスを走り抜けてトップにアプローチしたり、
15m以上あるスープを抜けていたりと、走行性能の高さがチェックできます☆

ドリントンのDouble Pin同様ライダーからの評価も高く、
Tetsuさんは昨年中盤辺りからこの2モデルを乗り込んでいました。Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

すでに海で見かけた方も結構いると思いますが、
テイクオフの加速や動きの滑らかさなど、普段の彼との違いにも着目してみて下さい。
ほぼ毎セッションを共にする僕はキャッチする『波数爆増』に驚いています(汗

そして、この写真↓ のように、普通に飛んでます。
IMG_0612

 

どれだけ板が走るのか・動くのか、扱いが楽なモデルなのか、、、
この辺りが解って頂けると思います☆
引き過ぎで豆粒にしか見えないので、拡大するとこんな感じです(笑
1

 

ちなみに彼の普段のボードの厚みは2 1/8″、乗っているQUAD FISHは2 5/16″。
1/8″刻みで3段階も厚い。
Exif_JPEG_PICTURE

 

それでも綺麗にレールを倒せて、しっかりと噛みつきます。
ボトムのセンターからテールエンドに施された深いVeeコンケーブは、
この浮力激増をも滑らかに処理してくれる優れモノです。
思った以上にレールtoレールが軽い、そして滑らか。
実際にオーダーされる場合は、普段のボードとしっかり『厚み差』をつけることをお勧めしています。
CIMG8557

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓