‘ユーザー写真’ カテゴリーのアーカイブ

月曜日 昨日は久しぶりにドリントン “Double Pin”☆

2020 年 2 月 24 日 月曜日

IMG_0683

こんにちは。この時間帯は腰腹サイズ。
潮が引いてブレイクエリアが増えました。
朝方からもの凄い混雑でしたので、今が一番マシかと思います。
ここから昼過ぎのランチタイムには人も引き、もう少し平和になりそう☆
波は水量の少ないペラペラ系ですのでミッドレングスが良いでしょう。
この連休、ショートにとっては一昨日のオンショア&昨日がターンしやすい波でしたね。

昨日は上の写真、ドリントンのDouble Pinで☆
怪我からの復活過程ではあえてパフォーマンス以外を封印していたのですが、昨日とうとう。
感想は、、、
とんでもなく楽だった、そして横に速い(汗
大混雑の中、サクサクと掴めてライディングの距離も伸びる。
あまりに早く立てるため横で掻く方もいないという不思議。。
ちなみに僕は威圧感ゼロタイプですので、あくまで板のおかげであります(笑

こちら↓ は同じ場所、
同じくびゅーびゅーオンショアで撮られたお客様。
やはり一人乗れてます、乗ってます☆

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓

金曜日 サイズが残りました / “BMG”映像、乗り手はKusakaさん☆

2020 年 2 月 14 日 金曜日

おはようございます。今朝は胸前後。
しっかりサイズが残り、面もOK!!
広い範囲で遊べています☆
午後はロータイドとなりブレイクエリアは増えそうですが、サイズダウンするかもしれません。
入れる方は早めの行動が良いでしょう。

映像は昨日に引き続きスチュアートシェイプの“BMG”
オンショアで滑らかなライディング!!
乗り手はKusakaさんです。
これは昨年だったかな!?
お見せしていないのがありました(汗
なかなか微妙な風波ですが、ちょっとしたポケットにもサクサク合わせていますね☆
この辺りのポケッティな動きもBMGの魅力。
走る上に小回りが利く!!
乗る方によっては「軌道が変えやすい」とも言われます。
上級者に比べ僕らのサーフィンはミスが多いわけですが、それを修正しやすい。(言い方を変えればごまかしやすい)
テイクオフや横走りの速さはパフォーマンス系を上回り、
ラウンドピン特有のテールの軽さ・抜けの良さ!!
BMG、新しくなってもおいしいモデルです☆
1

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓

月曜日 ドリントン “Double Pin” 鎌倉Fさん、インプレッション☆

2020 年 2 月 10 日 月曜日

6

おはようございます。今朝は膝腿セット腰+。
昨日よりもうねり気が増し、鵠沼を中心になんとか遊べています。
ざわつき始めましたが、現時点ではミッドレングスがベストボードに見えますね。
ショートをやりたい方は後半のサイドオンに賭けても良いかも☆
人も1/10くらいまで下がりそうですし(汗

写真はドリントンの “Double Pin”☆
先日動画をアップした鎌倉Fさんのボードです。
インプレッションを頂きましたのでご紹介します!!


渡邊さん

昨日はありがとうございました。
Double Pin のインプレ書いてみました。

最初に乗ってみて感じた事はスピードが早いこと、横に走るのがかなり気持ちいいです。

最初はセンターフィンがないせいかカットバックする時は転んでしまうこともありました。
しかし、荷重の仕方をゆっくり、レールを意識すればちゃんと曲がれました。
これは良い意味でセンターフィンに頼らないターンの練習になるのかなと思ってます。
横に走るだけじゃなくて、リップアクションの練習もちゃんとできます。

あと、オンショア強くても全く問題ありません!
以前、ツインフィンとトライフィンの中間と表現されてましたが、
まさにその通りで、初めてツインフィンを乗る人でもスムーズに乗れると思います。

初ドリントンシェイプでしたが、自分にはかなり合ってたと思います。

小波はEGG、ショートでやれるサイズかある時はDouble Pin という感じで最近は波乗りしてます。
が、今度波上がったら、
NEW BENDERも久し振りに乗ろうかと思ってます。


 

Fさん、インプレッションありがとうございました。
気に入って頂けて嬉しいです☆

Fさんが書いてくれたように、僕もこのモデルはショートとの親和性が高いと感じています。
こまめに乗り換えても違和感が出ない。(僕の場合はMidget MagicやNEW S-BOLTとの乗り換えになりますね)
ロッカーは緩いですが↓
7

要するにレトロツインとショートの中間的なツインなのかな!?と感じています。

フィンのフィーリングに関して、、、
これは伝えにくいところがありますが、レトロツインとクアッドの中間か!?
ツイン独特のフワ~っとした加速がベースにあるが、急な軌道転換・掘れた位置での動きに無理がない。
↑この部分は動画内ですでに割れたセクションにアプローチしていることからも見て取れますね。
このレベルの方が一度『無理だと感じたセクション』にはアプローチしないはずですので(汗
走りとコントロール性の高さ。
これはDouble Pinの特徴になるでしょう☆
Exif_JPEG_PICTURE

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓