サーフボード|マジックボードを皆様へ。小波用からハイパフォーマンス、EPS、カーボンレールまで!

TOP > サーフボード > ファクトラ > FAT ALBERT

※写真のボードはカーボンテールパッチ(¥3,800)入りです

身長・体重別おすすめスペックバランス
身長 体重 レングス
165cm 58kg 5’6“ x 19 7/8“(50.48cm) x 2 1/4”(5.7cm)
170cm 63kg 5’8“ x 20 3/16”(51.28cm) x 2 5/16”(5.88cm)
175cm 68kg 5’10“ x 20 9/16“(52.23cm) x 2 3/8”(6.0cm)
180cm 73kg 6’0 1/2“ x 21“(53.34cm) x 2 7/16”(6.2cm)
185cm 78kg 6’3” x 21 1/2”(54.6cm) x 2 1/2(6.35cm)
パドル力が落ちた方へのチューニングスペック
身長 体重 レングス
165cm 58kg 5’8“ x 20 5/16”(51.59cm) x 2 3/8”(6.0cm)
170cm 63kg 5’10“ x 20 11/16“(52.55cm) x 2 7/16”(6.2cm)
175cm 68kg 6’0 1/2“ x 21 3/16”“(53.82cm) x 2 1/2(6.35cm)
180cm 73kg 6’3” x 21 11/16”(55.09cm) x 2 9/16”(6.51cm)
185cm 78kg 6’5” x 22 1/16”(56.03cm) x 2 5/8”(6.68cm)
FAT ALBERT    
商品詳細
>FAT ALBERT とは?

スチュアート本人によるテストから生まれたパフォーマンス・オルタナティブ。

シングル、2+1(シングル・スタビ)、クアッドとして使用可能。 極小波から頭半サイズまで対応するオールラウンドな一本です。

ワイドだがフリップしたノーズエリア、広すぎないテール幅。

「(コンツアーを含め三次元的に)テール周りのフロー調整をしたことにより、前足〜ノーズ付近のレールを使いやすくした」とはスチュアート談。

多数の本人私物(テストボード)から考案されたこの前後バランス、それにフィットさせたコンツアーは、このモデルをマジカルに加速させる大きな要素となっています。

全体を通して弱めのロッカーに、特徴的なダブルVeeコンケーブが掘られています。

>僕自身が乗った感想は

とにかくオールラウンド性が強く、速い。
ワイドなセンター幅&ノーズエリア・弱めのロッカーを持つため、小波での機能性は見た目通り。

ですが、MID〜頭オーバーサイズにおいても、その性能に揺らぎはありませんでした。

速いテイクオフと急加速はそのままに、レールの噛ませやすさ・倒しやすさを体感させてくれる。
小波用のデメリットを程好く除去したイメージです。(僕が安心してオールラウンドUSEできる、大きなポイントです)

ノーマルショート同様にリップ出来るため、個人的にはオールラウンド用として「今年の一本」にもなり得るかと☆
動きの特性としては、曲がるより直進しようとする習性を感じます。速さに重きが置かれ、強いドライブを持つタイプですね。
ショートシングルをお考えの方にはもちろん、スピードとラインサーフィンを求める方にお勧めしたい一本です。

僕自身はグラッシーな波をシングル、その他のラフなコンディションを2+1、極小波をクアッドで楽しんでいます。

>スチュアートシェイプ全般の特徴とインプレ
(各ボード紹介に表記しています)
▼ドライブ性と安定感

どのテンプレートにもコンケーブが深く掘られており、とにかく走ります。張り付くようなドライブ感はこのコンケーブか大きな役割を果たしていますね。
ボトムターン・1ターンの伸びはとても強い部類だと思います。この「ドライブ性と安定感」はターンに余裕を持たせるためには必須の要素。

僕の場合、確実にドライブするボードの供給を受けた結果、より奥からのテイクオフ、よりクリティカルな位置へのアプローチを生み、結果レベルを引き上げてくれたと感じています。

▼アクションにおけるルース性

リップアプローチはとてもやわらかく軽い感覚です。ルースですばやい返しは、ある程度のロッカーを感じさせますが走りとドライブは前述の通り、かなりのレベル。
張り付くようにドライブするのに、リップアプローチでは解き放たれたような軽さ。 大げさではなく、僕が求めていた強いドライブ性とルースなアクション性の融合です!

▼許容範囲

まずは、コンディションにおける許容範囲。どのテンプレートもオンショアのビーチからポイントブレイクまで違和感無く対応します。悪い要素の多いコンディションでも止まらず、引っかからず、常に走ってくれるということです。(全てにずば抜けという意味ではなく、より中間的なセッティングがされているということです)

そして、スタンスにおける許容範囲。これは見落としがちなポイントですが、アベレージサーファーにとっては非常に重要です。
スタンス位置がずれても、ある程度のルース性はキープされ、ターン・アクションが可能です。(ここでスピードが死なず走ってくれるボードは、乗りやすくレベルアップに適したボードになります)
スタンドアップ毎にスタンス位置が若干ずれる、又は前よりにスタンス&プッシュするフロントフッテージの方にもフィットします。

ボディスペック

(オーダー時に「おまかせ」を指定するとこのスペックになります)

  • テール形状 / ラウンドピン
  • ロッカー / 弱め
  • レール形状 / テーパー〜ボキシーまで(各レールはソフト気味)
  • ボトム形状 / ダブルVeeコンケーブ
  • フィン / シングルベース(シングル、2+1、クアッドが選択可能)
ボードデータ
ボードデータ

対象サイズ:
オンショア脛膝〜頭半

価格

カスタムオーダー

[PU]96,800円(税込み)

2+1:4800円

シングルBOX+クアッドプラグ:8800円

Glassシングルフィン:9800円(ボードと同時注文)

カーボンテールパッチ:3800円

※フィンの付属はありません。各種格安プライスでの同時注文もございます。
ブランド別商品

FCS