サーフボード|マジックボードを皆様へ。小波用からハイパフォーマンス、EPS、カーボンレールまで!

TOP > サーフボード > ファクトラ > S-BOLT

※写真のボードはカーボンテールパッチ(¥3,800)入りです

身長・体重別おすすめスペックバランス
身長 体重 レングス
165cm 58kg 5’6 1/2” x 18 1/2”(47cm) x 2 1/8”(5.4cm)
170cm 63kg 5’8” x 18 11/16”(47.47cm) x 2 3/16”(5.57cm)
175cm 68kg 5’9 1/2” x 18 15/16”(48.18cm) x 2 1/4”(5.7cm)
180cm 73kg 5’11” x 19 1/4”(48.9cm) x 2 5/16”(5.88cm)
185cm 78kg 6’4“ x 18 7/8”(47.9cm) x 2 3/8“(6cm)
パドル力が落ちた方へのチューニングスペック
身長 体重 レングス
165cm 58kg 5’8 1/2” x 18 13/16”(47.78cm) x 2 1/4”(5.7cm)
170cm 63kg 5’10” x 19 1/8”(48.58cm) x 2 5/16”(5.88cm)
175cm 68kg 6’0” x 19 1/2”(49.53cm) x 2 3/8”(6cm)
180cm 73kg 6’2” x 19 13/16”(50.32cm) x 2 7/16”(6.2cm)
185cm 78kg 6’4” x 20 1/8”(51.12) x 2 1/2”(6.35)
S-BOLT   

- 小波から使える!短め・幅広ハイパフォーマンス -

商品詳細
>S-BOLTとは?

小波にも対応する短めのハイパフォーマンス。

2015年辺りからスチュアート周辺の上手いサーファー、チームライダーがこぞってオーダーしているテンプレートです。
カテゴリーとしてはハイパフォーマンスライン ”HPXシリーズ” の末弟となりますが、最も短め&幅広のアウトライン。アベレージ(またはそれ以下)のコンディションで「ハイパフォーマンスらしい」アクションをするには許容性の高いデザインと言えます。

ソフトなボリューム(厚み)を残したチェストエリアはパドルとテイクオフに大きな優位性を与えており、この辺りからも平均的な波質をターゲットにしたものであることが解ります。

日本向けとしてスチュアート本人が強くプッシュしたサムテールを採用。丸まったスカッシュ、またはワイドなラウンドとも取れるこのデザインは、滑らかかつ反応の良さが特徴です。また個々のオーダーに応じてオーストラリア原版には無いテールVeeも選択肢の一つになっています。

>僕自身が乗った感想は

日常ユーズのハイパフォーマンスと言うからには、とても重要なテイクオフ&パドルについて。

小波用として「かなり速い」とインプレを頂くNEW BENDERを比較対象に、、、NEW BENDERは5’4”、S-BOLTは5’6”、共に僕にとっての適正(ベスト)サイズ。
これでNEW BENDERより指二本(少し)劣るか、というイメージです。

NEW BENDERはもともと小波に強く、これを遅いと言った方はほぼ皆無。
このためS-BOLTの推進力は「ハイパフォーマンス」としては非常に強い部類と感じており、下は腿サイズから十分に使えると判断しました。

アクションにおいてはHPX-1と同様、軽さとキレに振られています。 パンチ系であるHPX-2、HPX-3とは異なるフィーリングです。

この他、乗り味についてはblog内で詳しく解説しております。
こちらをチェックして下さい↓

テストC

テストB

テストA

テスト@

>スチュアートシェイプ全般の特徴とインプレ
(各ボード紹介に表記しています)
▼ドライブ性と安定感

どのテンプレートにもコンケーブが深く掘られており、とにかく走ります。張り付くようなドライブ感はこのコンケーブか大きな役割を果たしていますね。
ボトムターン・1ターンの伸びはとても強い部類だと思います。この「ドライブ性と安定感」はターンに余裕を持たせるためには必須の要素。

僕の場合、確実にドライブするボードの供給を受けた結果、より奥からのテイクオフ、よりクリティカルな位置へのアプローチを生み、結果レベルを引き上げてくれたと感じています。

▼アクションにおけるルース性

リップアプローチはとてもやわらかく軽い感覚です。ルースですばやい返しは、ある程度のロッカーを感じさせますが走りとドライブは前述の通り、かなりのレベル。
張り付くようにドライブするのに、リップアプローチでは解き放たれたような軽さ。 大げさではなく、僕が求めていた強いドライブ性とルースなアクション性の融合です!

▼許容範囲

まずは、コンディションにおける許容範囲。どのテンプレートもオンショアのビーチからポイントブレイクまで違和感無く対応します。悪い要素の多いコンディションでも止まらず、引っかからず、常に走ってくれるということです。(全てにずば抜けという意味ではなく、より中間的なセッティングがされているということです)

そして、スタンスにおける許容範囲。これは見落としがちなポイントですが、アベレージサーファーにとっては非常に重要です。
スタンス位置がずれても、ある程度のルース性はキープされ、ターン・アクションが可能です。(ここでスピードが死なず走ってくれるボードは、乗りやすくレベルアップに適したボードになります)
スタンドアップ毎にスタンス位置が若干ずれる、又は前よりにスタンス&プッシュするフロントフッテージの方にもフィットします。

ボディスペック

(オーダー時に「おまかせ」を指定するとこのスペックになります)

  • テール形状 / サムテール
  • ロッカー / ノーマル
  • レール形状 / テーパー〜ボキシーまで(HPX-1よりソフト気味)
  • ボトム形状 / シングルtoダブルコンケーブ→オーダーに応じてテールVee
  • フィン / トライまたは5プラグ
ボードデータ
ボードデータ

対象サイズ:
腿〜頭半

価格

カスタムオーダー

[PU]96,800円(税込み)

5プラグ:4800円

カーボンテールパッチ:3800円

スチュアートNEWハニカムフィン(ボードと同時注文 + Shapers Plug使用):6800円

FCSUトライ:3800円

FCSU5プラグ:6500円

FUTUREトライ:3800円

FUTURE5プラグ:6500円

※フィンの付属はありません。各種格安プライスでの同時注文もございます。
ブランド別商品

FCS