サーフボード|マジックボードを皆様へ。小波用からハイパフォーマンス、EPS、カーボンレールまで!

TOP > サーフボード > Yellow > PIN TAIL

ピンテール ツイン / ツインスタビライザー

ツインスタビライザー、または大きめで立ったツインで楽しむモデルです。
ツインの解放感と保証されたスピード、ピンテール特有の軽さ。
こんなところが感じやすい特徴かと思います。


テストは膝腿〜ミドルサイズのビーチブレイク、そして地形の決まったバンクを中心に。

乗り始めは横への速さ、ボードが滑っていく感覚に驚かされました。
足裏から感じる、抵抗の少ないツルツルした走り。
踏み込みで前に出すというよりは、水上・水面を滑走する感覚。
(ツインだけでなく、ツインスタビでもこのフィーリングを感じます)



続いてターンをすれば、その滑らかさに笑みがこぼれるかもしれません。
ボリューム・浮力感はかなりありますが、なぜか動きはやたらと軽い。
パフォーマンスショートのような振る軽さというよりはカーブ、レールで引っ張る動作の軽さ。
ツルツルと体下に引き込める感じ。



テスト初日の2〜3本で確信させるほど、気持ちの良い軌道・流れ方でした。
ターンでの加速力・その気持ち良さはぜひ体感してもらいたいパートです。
一番の味になるところですね☆

またトップでの噛みつきもしっかりと感じるため、実直な技量向上の手助けにも。
ショートの上級者にも満足してもらえるフィーリングだと思います。

こちらはKusakaさんのバックハンドシークエンス。

Photo Nagasaka




写真のボードは5’6″ x 19 7/8″ x 2 1/2″。
フラットなロッカー
なかなか強調されたビークノーズ
エッヂーなダウンレールからテーパードのテールエリア。
この他、肝心の部分は実物を触ってみて下さい☆




他のトランジッション同様、綺麗なフェイスが好ましいのはもちろんですが、
現行のYellowモデル群では最も多くのコンディションをカバーする一本になりそうです。

僕の感触では規則性のある地形波でツイン(大きめで立ったタイプ)、
普段のビーチ全般でツインスタビ(MRまたはパワーツイン)が重宝しています☆


お勧めのサイズバランスは、、、

5’4”x 19 9/16”(49.7) x 2 7/16”(6.2)
5’6”x 19 7/8”(50.5) x 2 1/2”(6.35)
5’8”x 20 1/4”(51.4) x 2 9/16”(6.5)
5’10”x 20 5/8”(52.4) x 2 5/8”(6.68)
6’0”x 21”(53.3) x 2 11/16”(6.83)

この他、blog内でのインプレはこちら↓

価格:128,000円(税込)