3月16日(火) 19時更新

こんにちは。RobLopです。

朝から激混みスナッパー先端へ↓
スナッパースナッパー10-oz-photos-013

またしても波まわりや偶然ポジションに助けられ、いっぱい乗れました。
が、よくよく周りを見てみると、降って突っ込まれたり、ボードが真っ二つになったりと気持ちが萎えることがいっぱい。
乗った割には精神的にグッタリ。
怪我無く上がれてラッキーです。

上がると久しぶりにローカルのジェイ(フィリップス)に遭遇↓
ジェイ

最近はアパレルブランドZoo Yorkの仕事をしてるとのこと。
また子供が出来たので働かなきゃ~と言いながらも、相変わらずぶっ飛んでました(笑

その後はGCハイウェイを飛ばしてスチュアート・スミスの工場に。
FACTORA.NEWモデルSTUB“のライダー用ボードを目の前でシェイプしてもらいます。

STUBは既に乗ってくれた方達の評価も上々!
今年の小波用スラスターとして大プッシュです。

このモデルは既にデータが入っているので、大方のアウトラインはマシーンシェイプで完成しています。
ノーズ、テールのアウトラインを引き↓
アウトラインを引きこちらも引き

余分なフォームをカットし、周りを整えます↓
カット削り整える。

彼の作業は一見速くて荒そうだけど、実はとても正確。
柔らかく、クセの無い乗り味、ムラなく調子の良いボードが上がってきます。

ここで一応の形が出来上がり。↓
形が出来上がりマシーンシェイプの跡が見えますね

まだフォーム上にマシーンシェイプの跡(縦すじ)が見えますね。

ここから肝心の部分がスタート↓
てきぱき作業中さすがの職人

レールやらエッジ、デッキからコンケーブなど。
削りながら何度かボードを持ったり、角度を変えてチェックしたり。(ほんの数秒)
パートパートを見ずに、全体のバランスと流れで、というニュアンスでした。
かなり集中して一気に最終段階まで到達。
作業姿、カッコいいです。

ほぼ出来上がり↓
ほぼ出来上がりボード後ろから

裏はこちらとこちら

てーるテールカーブ

STUBSTUB

このボードはここからエアブラシ→ラミネートです。
持った感じ、もの凄く調子良さそうでした!
渡す前に間違いなく僕が乗ってしまおう(笑

工場にはこんなのもありました。カーボンケブラーeps
カーボンケブラーeps

クーランガッタへの帰り道は昼過ぎ。まだまだサーフできる時間!

ということでバーレーをチェック↓
バーレーチェック

良さそうですが、ベストポジションはミドルからインにかけて。
8割がバレルです↓
8割バレルふぁ~お

横から見ると↓
横から見ると

良いポジションから乗って、ちゃんとセットすれば簡単に抜けられるはずですが、、
これが乗れないんだな~何故か。

まず、波が取れない。
で、焦ってイン側に割り込んで乗ると変にシフトして前がクローズ。
次に入ってきた波で岩行きか、掘れ過ぎの波で制御不能になったオージーに轢かれるとか。。
ここはいっぱい通ってシフトの仕方やポジションを覚えなきゃダメですね。
毎回情けない思いしてる。。。
ただ、今回スチュアート&友人ローカルでさえ岩の餌食になってました。。
どれだけ難しいんだ?って萎えましたが、あのクオリティーですからね。
足の数箇所くらい切ったって、入る価値ありです。

 

乗れるなら(泣)

——————————————————————————
業務に関してご迷惑おかけします。
ご連絡はemail qualityhardcore@gmail.com
お急ぎの場合はこちらの携帯ですが
010 61 424 024 819まで。
このままのダイヤルで大丈夫、サーフ時以外いつでも出れます。
不在の場合はこちらからかけ直します!

コメントを残す