土曜日 13:30 スチュアートシェイプ、BMGインプレ☆

こんにちは。この時間帯は鵠沼で膝腿前後。
強いオフショアで辛そうな波。。
今後は西寄りのうねりで上昇予報ですが、期待薄か!?
夕方前にチェックしてみて下さい!
ちなみに、西湘やったお客様から「ファン小波だよ~」と情報入りました。
羨ましい~!!

トップの写真はスチュアートシェイプのNEWモデルBMG
人気のBENDERをベースに「やや張った波向け」として送られてきたボードですが、
ここまで僕をはじめ複数の方が試乗☆

このお仕事初期からお世話になっている、SAWADAさんからインプレが届いたのでご紹介します。
SAWADAさんは元々USトップボードブランドの販売を行っており、ボード&ウェットに関する知識が豊富。
常に細かい所を突いてくれるので、商品レベルの向上に貢献してくれています。
ちなみにSAWADAさん(身長175cm・体重63kg)ヘビーUSEモデルはd-Quad 3.6、
5’8″ x 18 11/16″ x 2 3/16″
今回のBMGはかなりのサイズダウンとなるこのスペック↓ で試乗!
5’5″ x 18 13/16″ x 2 1/16″


さて、板のこと。
アンダーフローを前提でね。

浮力がなくゲッティングの時はやや不安な出会い。
アウト出て波待ちしてもやはり視線低い。

いざテイクオフ!
板ちっちゃ。。暴れる。。とても軽い。。おもちゃみたい。。
そして速い!!
数本乗って小ささに慣れたとき、ポケットに入って待てば波の力を
強く感じる。その力はそのままスピードへとつながる。
スープの前のボトムをより使えるというか!??
いつも通りのいつものポジションで板をトップに走らせると、
想像よりタイトにターンして、よりクリティカルポジションにもっていける。
最初に感じた軽さ・おもちゃ感をそのままトップアクションに使えば、
踏み込めばえぐれる。合わせれば軽くかえる。
クワッドフィンで入ったからターンが軽く感じたのかな??

ややアンダーフローでサイズのある時用で使うのも良いかもね。

5プラグの良いところは一本の板でより乗り味の違うサーフボードが味わえるとこ。
5プラグはお勧め!!

テールの形状の違い。。わかりません。
ただ、このラウンドはクワッドとも相性良い。
BMG、縦の動きをより求めるサーファー向け。
スピード感・貼り付き感☆☆☆☆

以上


この試乗後、SAWADAさんは自分サイズでオーダー決定☆
しかもこの「自分サイズ」は今回BMGの『走り』を考慮して、今までのサイズ設定よりボリュームダウン!
この辺りは、かなり感触が良かった証だと思います。

乗った方々の意見を聞いていくと、
「張った波向け」と言うニュアンスよりは、『アクションの軽さや速さを求めたい方向け』というイメージでしょうか。
これがMidサイズにおいて、より強く安定してできる、と。
先日のニック・キャロルさんの件しかり、
オーストラリア現地での評判は極めて良いそうなので、今後注目したいモデルです☆
僕は完全自分サイズ5’4″で再々オーダー決定です!!

すでにオーダーもお受けしていますので、気になる方はメールorこちらからお問合わせ下さい!
このモデルのサイズ感もしっかり掴みましたので、ばっちりアドバイス出来ると思います☆

BMGの過去記事①
BMGの過去記事②

アウトライン等分かるよう、いくつか写真も載せておきます。
ロッカーはベースモデルとなるBENDERとほぼ同じ↓

センター→テールへのライン。
良い意味で力を逃がし、ターン時のHOLD・アクション時の切り返しスピードを上げていると思われます↓

トライ&クアッド、両方で使用可能。
予想以上にクアッドのインプレも素晴らしい。(僕らアマチュア&オージーPro含め)
アクションはトライ、バレルはクアッドで、というのがスチュアートが僕に話した内容↓

 

 

Coltex.最新セミドライの詳細はこちら↓ をクリック★