日曜日 長めシングルでマニューバー映像!! / Coltex.フリーショルダーいま一度ご紹介☆

おはようございます。今朝は膝腿のスモールサイズ。
一部でそれ以上も入ってくるそうですが、今後もサイズ変化の要素はなし。
確実に長めのボード、浮力の強いボードが良さそうです。
ルール・マナーを守って楽しみましょう☆
僕の方は本日も一日こちらで営業しております!!
ウェットの現物チェック・採寸、ボードのご相談などお気軽にどうぞ☆

昨日お越し下さった皆さま、ありがとうございました!
海沿いの皆さまから遠くは名古屋の方まで(汗
時期的にジャージフルをご検討の方が多く、スーツ細部までご説明させて頂きました☆
肝心の採寸は、、、経験人数3200名オーバーの僕がしっかり時間を使って測っております。
ここからは天才君が待つファクトリーによるハンドクラフト。
出来上がる品にはご期待下さい!!!

そんなColtex.
先日のNEWベルクロZIPに引き続き、人気のフリーショルダーをいま一度ご紹介しておきます☆
Exif_JPEG_PICTURE

フリーショルダーは昨今のウェットの進化を最も感じられるであろう一着。
一度は袖を通し体感せねば、、、損でございます!!
しかもColtex.は驚きの『他のシステム(ベルクロZIP)と同額』です☆
ご覧になられていない方は是非チェックしておいて下さい!!

 

上半身がゆったりした造りのColtex. フリーショルダー
今年も腕と背中全面が1パネルとなります☆
Exif_JPEG_PICTURE

接着面(カット)が少ない上に、全身に超伸縮 “NESL” 素材を使用!!
楽な着心地、運動性は申し分のないレベルとなります☆
裏返しますとこんな感じ↓
Exif_JPEG_PICTURE

ご質問の多い、ベルクロZIPタイプとの性能比較は、、、
フリーショルダーの方が運動性が高い(体感が楽)、浸水口が少ないから暖かい。
ベルクロZIPの方が楽に着れる・脱げる、手軽さポイント&トータル性能が高い。

要するにフリーショルダーは『水中での性能』にフォーカスしたスーツです。
※とは言え、、先日ご紹介したベルクロZIPも進化著しく、このフリーショルダーに迫っています。

 

今年のフリーショルダー
リニューアルポイントのひとつは今年も脇まわりの強度アップ!!
『軽さ楽さ』は本当に素晴らしいので、ここ数年はこの強度アップにフォーカスしています。
スーツを脱ぐ際、肘がアームホールを通るため、
去年までストレートだったカットを背面に向かいツイスト(ひねり)させました。
Exif_JPEG_PICTURE
先日ご紹介したベルクロZIPと同様、
この湾曲カットにより接合面への力は分散し、耐久性(長持ち度合い)が上がっています☆
接合面には補強テープを標準装備させます。

ちなみにこの補強テープ。今年は、、、
着脱時の伸縮を求める袖口&首には伸びるテープ、強度を求める脇や股には布テープと用途別けしています。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

そして、こちらも大きなアップデートとなります。
腕全体に ”NEW 立体カット“ を装備!!!
Exif_JPEG_PICTURE

パドル時に最も負担が下がるように、肘部分がパドルに近い角度でツイスト
これの効果は意外と大きく、長時間のサーフ時には特に疲労軽減を感じています。
Exif_JPEG_PICTURE

 

下半身においては昨年冬に大好評だった、”らせん状の立体カット“を継続!
股・膝・フクラハギの一部までが一体です。
NEW膝パッドはまだ強度テスト中です。セミドライから採用を検討します。
Exif_JPEG_PICTURE

このカットはヒザ周りの接合が無く『曲げ伸ばし』が楽!!
またカットが無い分、丈夫でもあります☆

尻からフクラハギにかけてもカットをアップデート。
突っ張り感の無い、より自然なフィーリングを感じて貰えると思います。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

といった感じの、Coltex. 2015新型フリーショルダー
マニア職人さんが作った自信作☆
今年も永く使える『最高の一着』をお届けしていこうと思います!!

オーダーをご検討中の皆さまは是非早めにお声かけ下さい!
Exif_JPEG_PICTURE

 

映像は長めのシングルで滑走&マニューバー。
これまた気持ち良さそう☆
やはり長いボードにはこの程度のサイズがベストかな。
僕はミッドレングスとの出会いで小波への価値観が変わりました。
少しでも上がれば迷わずショートを出しますが、膝波もまた最高のFun surfです☆

 

2016 最新ジャージフルはこちらをクリック↓↓↓