日曜日 Soli Bailey(ソリ・ベイリ-)BMG初乗り映像

サイズダウンしてますが、今日も波は続いてます。
この時間帯は腹+くらい。
午後の干潮に向けてさらに割れやすくなると思います。
何とか週末まで保ってくれた波☆
ルール・マナーを守って楽しみましょう!
クラゲには気をつけて下さい。昨日やられた僕は腕がボコボコになっています(泣

商品関連では、昨日のお話と被りますが、またBMG!!
上の映像ですね。
オージーPro Soli Bailey(ソリ・ベイリ-)君による、BMG初乗り&インプレッション☆
彼の普段のボードサイズは、5’11” x 18 1/2″(47) x 2 1/4″(5.7)
今回乗ったBMGは、5’9″ x 19 1/2″(49.5) x 2 3/8″(6)
う~ん、、、このサイズは大きすぎでは!?。。。
ノーマルベースに僕がサイジングすると、5’6″ x 19 1/8″(48.6)前後 x 2 5/16″(5.88)、長くて5’7″。
この程度でほぼ十分かと。

ただ、映像を観ると大幅なオーバーサイズの割に、ボードはかなり動いてます!!
これがBMGの妙な所ですね。
ボードが大きくても、反応して欲しいところでサクッと動く。
僕の感覚では、おそらくターンの初動作(レールを入れ始めるパート)が軽く、速い。
映像中ではエアーが多いですが、なかなか飛びやすかったようです。
こちらはインプレッション&インタビューをまとめた和訳です↓


とても良いボード、このボードはすぐに気に入った。
僕の普段乗っているものとは異なるデザイン。
まずはクアッドで乗ってみたが、とてもドライブが強く、リップから飛び出しやすかった。
ハイパフォーマンスなセットアップがされた、強いスピードを持つフィッシュデザイン。
リップ下のきわどい位置からテイクオフした数本のバレルもあった。
しっかりレールがホールドされたテイクオフと、バレル内での加速は素晴らしかった。
映像での小さなライトはランピー(エアーに適したコブがある)でエアーをするには最高の風向きだった。
あのようなコンディションに容易に適応し、エアーにトライできるのは楽しい。
ボード自体の幅があり、コンディションによってトライorクアッドの選択ができることで、
さらに扱いやすいボードになっている。
このボードには「このコンディションでなければ、、」というものが無い。
6feetのバレルでも”Goes good”、2feetのビーチでも”Goes good”だったから。
2feetのビーチでのドライブ感は驚異的でさえあった。
僕が試した全てのコンディションで手応えがあった、オールラウンドなボードだ。
クアッドフィンはShapers Quad-X カーボンステルスレンジを使用。
強いドライブと素晴らしいオフザトップ、ホールドとリリースのバランスがとても良いフィンである。


 

2013 Coltex.春秋シリーズ完成しました! 詳細はColtex.サイトより☆↓