水曜日 スタイルマスターはショートがベース / トレン・マーティン、過去映像☆

こんにちは。この時間帯は腿腰サイズのオフショア。
久しぶりに面は綺麗ですが、ショートでアクションは厳しいでしょう。
現状、完全なるPIG波。最高の滑走ができそうです☆
しかし、、、
ショートなら一昨日、昨日のオンショアの方が圧倒的にターンの練習ができる。
湘南でショートをやるなら、風でやらなきゃどうにもならない。。。
典型的な3日間です。

映像はツインマスター、トレン・マーティンの4年前!!
レギュラースタンスの方ですね。
ボードはいたって普通のショート、スラスターです。

彼といい、最近話題のツインマスター アッシャー・パーシー
オールマイティなVisslaのブライス・ヤングも、
11feetのグライダーを操るライアン・バーチですら、、、
ベースにあるのはショートボード
それも皆が皆、バキバキのスラスター。
ツインやクアッド、シモンズ等々、クラシックデザインのボードを乗り込むと解りますが、
最も繊細なコントロールを要するのが『普通のショートボード』です。
重心移動の速さ、そのタイミングの的確さ、当然ながら身体の強さなど、、、
ボードが要求してくるモノが多い。
この処理能力のベースがあれば、一風変わったデザインのツインでもこんな↓ スタイルとパフォーマンスを出せるのかもしれません。(今年の衝撃映像の一つです!!)

ショートボードで身体のベースアップ&クリーンアップ☆
最高に気持ちが良いからシモンズやらクアッドフィッシュやら、、
可愛いデザインのボードを手にしがちですが、しっかりショートも並走させた方が良さそうです。
長い目でみて両方です。
自分に言い聞かせている感じですね(笑

 

2017・最新モデルはこちらをクリック!!↓↓↓