水曜日 10:30 昨日は千葉で乗り比べ☆

おはようございます。今朝もほぼフラット。
地形の良い場所でロングのみ何とか、、という感じですね。
今後もサイズの変化はなさそうです。

昨日は上の写真、急遽千葉に行ってきました
メンバーはKusakaさん、Tetsuさん。
ボードをいっぱい持って乗り比べ☆
左からドリントンCV1 → CV2、FACTORA. BMG厚め → BMG薄目 → BENDER、右は僕のHATCHET

ざっと説明すると、、、
CV1とCV2はドリントンの日本におけるメインパフォーマンスモデルになっていきます。
テスト段階からかなりの時間をかけたお陰で、
多くの方の足にフィットするロッカー、レール形状、対応コンディション幅を広げるアウトライン。
ボード自体が走る割に、反応が軽いのが特徴です。

続いてFACTORA.のBシリーズ(BENDER)2モデルは、スチュアートの代表作といっても過言ではないでしょう☆
GOODインプレの数、ハマる方の数が凄い。
構造が優れていると確信しています。
昨日の波ではTetsuさんはBENDERが好み、僕とKusakaさんはBMG。
前後の踏み込み方により評価も好みも変わると思われますが、
今年トータルでのお客様からのインプレはBMGに軍配でした。
今後も間違いなくお勧めする2モデル一度は乗って頂きたいのです!!

そしてHATCHET。。。
これは特に語りませんが、昨日のコンディションでは気持ち良い乗り物ナンバー1でした。
これは僕だけでなくTetsuさんも。。
“気持ち良い”にレベルは関係ありません(笑

 

数時間の乗り回しの結果、、
KusakaさんはUSEDのCV2を、TetsuさんはBENDERを相当気に入り、それぞれゲットされました。
特にTetsuさんゲットのBENDERは「カーブもリップも出来るし、飛びやすい」とのこと。
さっそく、スコ~ンっといかれてました(汗

しかし、こうして↓ 見ると、、、アウトラインはとても違います。
左2本はパフォーマンスだけあって、ストレート。
そしてカーブの強い3本。
不思議な1個(笑

 

2013 Coltex.セミドライ詳細はこちらをクリック!↓↓↓