火曜日 12:00 頭~頭半 / HPX-1改について☆

こんにちは。昨日上がったウネリ、しっかり過ぎるほど残っています。
ビーチは頭~頭半。
切れた波でも速目のブレイクが目立ち、位置も一定しない。
アベレージサーファーには何もできないコンディションに見えます。
今後はダウン傾向ですが、リーフエリアなど落ち着いた場所をチェックしてみて下さい。
下にも波の写真ありです。

商品関連では、ここ最近のMidサイズで乗りこんでいた新しいバージョンHPX-1改
今日はこのモデルについて少し書いてみます。

 

FACTORA.スチュアートシェイプのオールラウンドモデル。
3~4年ほど前にマイナーチェンジを行い、
この所(ここ数年)、お客様のオーダーで「当り」クラスが頻発しています。
基本小波用のボードが多いうちですが、最近はワンバッチのほとんどがこのモデルになるなど、
オーダー数も徐々に増えています。
以前よりも前足付近~チェストエリア(パドルで胸が乗る位置)がわずかにワイドになり
ロッカーを微調整 + このエリアにソフトなボリュームを持たせています
これにより、速いパドル・速いテイクオフなど、
ボード前方が造り出す性能がアップしています。

 

僕個人的には、以前のバージョンより「1インチ短めで同程度の推進力」と感じており
ボード自体の馬力だったり、走りに対しての安定感・安心感が上がっています。
フラットセクションでもスピードが落ちないのはスチュアートシェイプ他のモデル同様、相変わらず。
グイグイ前に出ていきます。

前を踏み込める方には非常に高いアドバンテージをくれるデザインですね。
「動きの軽さ」や「技の切り返しの速さ」は以前と変わらないレベル。
お客様のインプレでは「動き過ぎなくらい」という評価も見られます。

またサイトには掲載していませんが、現在のHPX-1改は“G5″と”G8″、ふたつに別れており
共に異なるロッカーを持ちます。
オーダー時のディスカッションから通常お勧めしているのは“G5″。

上に「当りクラス」と書きましたが、ここ数年の好評が目立つのがこちらです。
より、推進力・スピード・ドライブに寄ったモデル
フラットなセクションでの減速も少ないです。
この“G5”を一度試された上、より機動性とタイトさを求める方には”G8″をご提案しています。
より強いテールロッカーを持つこちらについては、また後日レポートしますね。

と、色々書きましたが
BENDERやFXシリーズなど、スチュアートシェイプと相性の良かった方には是非お勧めしたい
このオールラウンド、HPX-1改
波乗りの根幹レベルを上げてくれる良モデルです☆(僕にとっては特に!!)
ノーマルをご検討中の方は是非お問合わせ下さい!!
お手持ちのボードをベースにじっくりサイズ提案させて頂きます。

こちら本日の波の続きです!!

Coltex.最新セミドライの詳細はこちら↓ をクリック★