火曜日 Yellow “GILL2” 特設ページで公開☆

おはようございます。今朝もほぼフラットなコンディション。
朝方は昨日より下がりましたね(笑
今日の午後辺りからオンショアが強まり、風で少しピックアップ。
そんな日が数日続きそうです。

Kusakaさん&Tetsuさんは千葉に!!
ボードはNEW BENDERを2本、NEW FX-2、そしてS-BOLT
この二人は乗れるだけにインプレが濃い。
基本しっかりしたターンの波乗り
さらには同年代なので、お客様が目指す方向性=道具の方向性としても確認しやすい!!
いっぱいテストしてくれることと思います☆

僕の方は今日も一日こちらでお仕事しております。
すでに埋まっている時間帯もありますが、ウェットの現物チェックや採寸など、お気軽にどうぞ☆
2

 

このスプーンのような写真は、、、
Yellow最新モデル”GILL2“、シェイプ中のワンカット!!
お待たせしましたが、とうとうサイト特設ページが完成しました~!!
こちらからチェックして下さい☆

GILL2は風で荒れたフェイスも気にしないパフォーマンス・オルタナティブ
コンベックスノーズが海面に張り付き、ショートでは味わえない滑走感を与えてくれます。
とにかく不思議なくらい走ります☆
1

その割りに、センター~テールエリアは操作性を意識しており、コントロールが楽!!
ショートライクにアプローチことも、クラシカルにクルージングすることも可能です。

センターのハイボリューム x 薄く削り込んだテールエリア
メリハリの利いたシェイプが体感に与えている影響は大きいと思います。
35

 

テールのアウトラインカーブもHATCHETよりはショートに近づいています。
これで推進力(走り)が犠牲になっているか?と思えば、、、
答えは逆でした。
4

 

フラッターなセクションでも走り続ける、さらに止まらない(汗
これは乗り込んだTetsuさん、僕、先日試乗した鵠沼のSさんも全く同意見。
ここが悪い波、ビーチでも使いやすいとお話している理由です。

(とはいえ、HATCHETを凌駕したモデルか?と言えばそれも違う。
HATCHETが持つポイントブレイクでの気持ち良さの頂点、これ僕個人的に絶頂クラスと感じています☆)

 

GILL2は「使えるコンディションの幅=出場機会」を増やすためにデザインしたテンプレート。
Yellowのショートレングスラインナップでは、最もお勧めの一本です☆
Exif_JPEG_PICTURE

 

上の映像はシモンズライディング。
湘南のビーチが決まっている時の様ですが、
ライディング構成がHATCHETよりは今回のGILL2に近いかな?と思い、アップしました。
一見かなりコントローラブル。
アレンジを加えたシェイプに見えますね。
お兄さんが波がとっても見えてること、ありきだとは思いますが☆

 

2016 最新シーガルやジャージフルはこちらをクリック↓↓↓