金曜日 マット・バンティング映像!! / GILL2、僕のインプレ☆

こんにちは。この時間帯は腿腰。
すっかり落ち着いちゃいましたね(泣
波質もペラペラしてきており、PIGがベストチョイスか!?
また明日のサイズアップに期待ですね☆

映像は怪我から復活のマット・バンティング!!
ず~と以前、軽いけど切り返しが一際速いな~なんて思ってたら、いつの間にかスプレーが特大になって(相変わらず軽速に見えるのに)とんとん拍子でCT入りしてました。
ここぞの場面で大方決めてくる安定感、フッテージの大半はバキバキのパフォーマンスボード。
Theコンペティターな感じ、、、あまり好みではないけれど、速すぎて観てしまうサーファーです(笑

昨日はご来客の隙間1時間でビーチに急行。
GILL2を乗り倒してきました。
Exif_JPEG_PICTURE

この一ヶ月、忙しくてほぼ入れていませんでしたが
このボードにはブランクは関係ないですね(汗
一体何本乗っただろうか!?
テイクオフが異様に速いから、狙った波をミスすることはほぼ皆無。
テイクオフ後もスピードが全く落ちず、思った以上に奥から乗れて奇跡的にチューブまで。。
いつもより奥まっていたので不安でしたが、中での加速がいつもの僕じゃなかった(汗
あれが普段のショートボードじゃなかったことが逆に悲しいが、意外なポテンシャルを見れた瞬間でした!!
Exif_JPEG_PICTURE

 

GILL2についてはここまでTetsuさんからのインプレ、特に『動き』についてアップしてきましたが、
僕レベルでは単純に「扱いやすいスピードボード」的な感じでもありそうです。
風も問題ない、コブを拾う感じも無し。
ビーチであそこまで乗れれば、ポイントブレイクでは更に発揮しそうな気配。
この動画↓ の通り、かなりの強オンショアでもOKでした。

 

ただ一点、、、
モデルとしては”HATCHET“の様なクセはないため、それを楽しみたい方には
引き続き2枚フィン+極小スタビのHATCHETがお勧めになりそう。
GILL2はシモンズベースのショートテイストの板、という感じでしょうか。
キールクアッド&シェイプデザインで間口を広げており、リアルシモンズとは異なります。

また、僕のは極厚ですが、薄くしてアクション向きにチューンもかなりGOODかと!!
用途次第で色んなテイスト(乗り味)を実現できそう☆
経験上、『振り幅の広さ』を感じる一本でもあります。
GILL2、おすすめです!!

Exif_JPEG_PICTURE

 

2016 最新ジャージフルはこちらをクリック↓↓↓