金曜日 膝腿 / Yellow パフォーマンスシモンズ “GILL2″アップ☆

Exif_JPEG_PICTURE

おはようございます。今朝も膝腿サイズのスモールコンディション。
今後の望みも薄いので、ショートをやられる方は他のエリアに移動が良いでしょう。
週末に少しでもサイズアップがあれば良いですね!!

上の写真は今月完成のGILL2
パフォーマンスシモンズとも言える、ミニシモンズ(HATCHET)と現代ミニボードの融合。
Exif_JPEG_PICTURE

HATCHETほどのクセ(または独特の味)は無いが、その分やれるコンディションが増えています。
トリッキーで予測しづらい波、強オンショアなどなど。。。
湘南など、アベレージが低いエリアではとても使えるテンプレート。
動かさずともこれほど爆走するボードは珍しいです☆
Exif_JPEG_PICTURE

 

当初(今もですが)、
ボランクロスを使ったクラシックな重め仕様でスピード重視のオーダーが多かったですが、
ここ最近はEPSの激軽バージョンも人気です。
この二つは加速のさせ方が異なると考えて良いでしょう。
重めは主に重力を利用したダウンザライン(重い方が圧倒的に落ちるスピードが速いです)で加速。余分なことはせず傾斜やコブを落とすことで走らせるため、身体の動きを抑制したクラシックなスタイルを目指す方には近道になるでしょう。車と同様、重い個体は一旦走り出してしまうと止まりづらいとも言えます。
対して軽いEPSは、細かなレールの抜き差しや振りでも加速します(これがやり易いと言うべきか)。
よりショートライクな動きや見栄えを求める方にはこちらでしょう。
よほどの達人でない限り、返しのスピード(振るスピード)はこちらが速いです。

こんな感じで、
ご自身の『なりたい姿』で素材を決めるのも良いかもしれません☆
オーダーの際には僕がしっかりご相談に乗らせて頂きます。(場合によってはシェイパーさんからもアドバイスがあります)
ベストな素材、ベストなサイジングで小さな怪物をお作りします!!
Exif_JPEG_PICTURE

 

ちなみにGILL、、、
・ツイン仕様(バックプラグだけを使用)
・セミフィンレス(バックプラグに高さ2cm程のトレーラーを使用)
でも滅茶苦茶に楽しいことが判明しました!!究極のマルチ(笑
by GILLマニアのTetsuさん
僕より頭が柔らかいです(汗

 

この一本はいつもお世話になっている鎌倉G君のオーダーボード。
G君は普段ミッドレングスのPerformance PIGをメインにサーフ、
上がったコンディションではスチュアートシェイプのFX-3のミッドレングス版を使用。
身長165cm、体重70kg
5’3″ x 21 1/8″ x 2 5/8″
ダウンレール
Exif_JPEG_PICTURE

 

藍色からホワイトピグメントへのグラデーション。
シェイパーさんの技で「布感」を表現してくれました。
・ボランクロスをデッキ&ボトム両面に使用
・バフ仕上げ
・リーシュ部はロービングブリッヂ
となります。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

2017・最新モデルはこちらをクリック!!↓↓↓