金曜日 10:00 脛 / FAT ALBERT☆

おはようございます。今朝は脛膝サイズ。
昨夕少しだけ上がった波は予想通り、風に消されてしまいました。
が、ミッドレングスやロングでは十分に遊べるピークあり。
面のクリーンな内にどうぞ☆

昨日お越し下さった皆さま、ありがとうございました!
平日なのに大変ありがたいことと感謝しています。
納期の方は少し頂く形なりますが、必ず喜んでいただける一品を作ります!!
驚きのコスパを期待して下さい☆

商品関連では上の写真。
FACTORA.FAT ALBERT
僕が極小波で乗り込んでいるYellowのMIDレングスPIGとは異なる、
パフォーマンスな『ショートシングル』というカテゴリー。
このアウトラインなので当然小波でも使えますが、僕は腿腰くらいから(上は頭半+まで)出番が多い。

 

お客様のインプレッションとしては、
予想以上に動く(これは少しではなく、見た目のイメージを大きく超えるというレベルで)
使えるコンディションがとても広い(風やサイズを問わない)
この辺りが一貫した所です。

もちろん、動く=ショートライクなターンの仕方が最も自然、となるので
純粋にクラシカルな動きの重さ・ショートとは異なる浮遊感を求める方には
先のMIDレングスPIGをお勧めしたいです。
FAT ALBERTはあくまでショートボードをベースとした、高浮力系シングルです。

 

また、このFAT ALBERT
スチュアート自身のモデリング段階での入れ込みが凄かった一本でもあります。
特に前後のバランスは相当突き詰めていたようで、
(前後の)幅の組み合わせ、厚みの組み合わせ、コンツアーとレール。
様々なコンビネーションを試していました。

これにより加速性はもちろん、
ボード自体の”使える度合い” “コンディションの範囲” を上げたことは間違いありません。

 

個人的には、コンディションを選ばず使える一本。
目的に応じてシングル、2+1、クアッドという選択肢があります。
ショートのスタイルやバランスを変えずに 「ファンにシングルを」 と考える方にお勧め致します☆
FAT ALBERTの詳細はこちらからチェックして下さい。