7月28日(火) 12時45分更新 HPX-1改 eps-cr

HPX-1 eps1

HPX-1 eps1

HPX-1 eps2

HPX-1 eps2

HPX-1 eps3

HPX-1 eps3

こんにちは。RobLopです。本日は膝腿くらい。
中途半端なオンショアで少々厳しいコンディションです。

写真は僕のお気に入りテンプレート、HPX-1改eps カーボンレールバージョン
全てのFACTORA.モデルスチュアート・スミスのオリジナルテンプレートに、大なり小なりチューニングを加えています。(テストしてくれる日本のライダー&僕の意見です)
このボードは僕のスペック(私物5’9″ x 18″ x 2 1/16″)ですが、僕→ライダー→お客様などと渡り歩き、徐々にインプレッションが帰ってきました。
つらつら書くと解りにくいので箇条書きでいこうかと思います。

こちらはグッドインプレ↓
・とても走る(テイクオフやスタンドアップ時の初速、アップスダウンの毎反応で)

・自重が軽い為、引き込みが楽(リップ時やカービングスラッシュ時など)

・リップスピードが速くなった(上と同じく、自重が軽いこと&反発が強いのが理由だと思います)

・フローター時の伸びが凄い(ロール上というよりは、ホワイトウォーター上を走り抜ける時に発揮されているようです)

・使用前に考えていた、浮力の違い&フレックスの違いによる違和感はほとんど皆無

HPX-1 eps4

HPX-1 eps4

HPX-1 eps5

HPX-1 eps5

 

こちらは「ん~。。。」の部分(ライダーレベルのサーファーからのみです)↓
・走り過ぎる(100%ライダーからのみの意見。自身のコントロール外で推進力・速度が生まれ、ラインのトレース等微調整が難しくなる)

・軽すぎる(ボードの自重を使い遠心力を出すようなターンができない、又はやりにくい)

・上記の理由でビッグサイズには向かないのでは?

まとめると、中級~中上級のサーファーには一つ上のステージのスピードを体感させてくれる感じです。
テイクオフから横抜けのスピード、アクションに至るまで全て。
スポーツの基本、まず体にスピードや感触を覚えさせるという意味では、レベルアップの道具として使えますね。
体が覚えてコンスタントに反復できるようになった時点で、通常のフォームボードに戻すのも良し、そのままカーボンレールの速さとキレの突き進むのも良しです。

ただ、上記の良い部分ほとんどが小波で発揮されていることを考えると。。。FX-1FX-2あたりが、素材とのベストマッチモデルだとお勧めいたします。
彼のドライブ感の強いシェイプに素材的な軽さが加わり、超絶のドライブと激速のキレを。
確実に小波王が生まれると確信してます。

近々、上記HPX-1のビーチ向けモデル「HPX-2」をアップします!

★商品関連のお知らせ★
サーフボード各モデルは他のアングルから撮影した写真、epsカーボンレール等別素材での参考写真もございます。
ご覧になりたい方はお問合せフォームにて、お伝え下さい。
少し大きい写真もありますが、お送りいたします!

ドリントンサーフボード、FACTORA.、Coltex.ウェットスーツに関するご質問はお問合せフォームから、又はqualityhardcore@gmail.comまでお願いいたします。

コメントを残す