9月12日(日) 12時20分更新

辻堂周辺1

辻堂周辺1

辻堂周辺2

辻堂周辺2

こんにちは。昨日よりうねり気が増していますが、膝腿サイズ。
チェック時は風も弱い東よりで、今のところは厳しいです。
午後遅くにチェックしてみて下さい。

先日ご紹介した今年の冬物Coltex.
今年も早割引きオーダーフェアをやろうかと検討中です。
今年は内容のグレードアップが大きいためちょっぴり厳しいですが、期間は来週末~2週間ちょっとほど。
価格もできる限り抑えてみます☆
内容は近日中にお伝えしますね。

そんなColtex.今年の最暖モデルのマテリアル↓
e382bbe3839fe38389e383a9e382a4-001e382bbe3839fe38389e383a9e382a4-002

緑のドライヒートWPが今年のイチオシ。毛足の長い保温乾燥素材です。(周りのオレンジは超伸縮の起毛、エアNESL。)
結構モサモサしてて、触っているだけで暑い感じ。
今年は裏地の化学繊維以外にも生地の大部分を占めるスポンジ部分の柔らかさが大きくアップ!
(スポンジ部分は盲点ですが、実はかなり伸縮に影響。いくつかのタイプがあります。)
加えてスーツ外側の表地には伸縮素材を特注トッピングしました。
手にした瞬間は「ストレッチ素材か?」と思える程です。

さらに3D構造となった膝まわり↓
e382bbe3839fe38389e383a9e382a4-015

膝パッドとラバーの間にU字型リフレクションジャージを挟みました。
これにより強度も動きも向上しています。

そして今年はこんなのも加わります(ご希望の方にオプションで)↓
e382bbe3839fe38389e383a9e382a4-009e382bbe3839fe38389e383a9e382a4-0031e382bbe3839fe38389e383a9e382a4-006

去年の冬もテストしたドライバージョンの進化型です。
左からドライネック
ご存知の方も多いと思いますが、かぶった後で折り返します。
ラバー部分が肌に触れ、極端に高い防水性を誇ります。(でもそれなりに圧迫感は有り。ドライスーツ系の嫌なところですね)
右2枚はブーツ&グローブを挟み込み防水する”ダブル構造”の足首、手首。
ベルクロで絞める構造のため、完全調整可能。
着脱時はビリッと剥がしてラクラクです。
実際に絞めるとこんな感じ↓
e382bbe3839fe38389e383a9e382a4-010e382bbe3839fe38389e383a9e382a4-011

これらドライ仕様の試作品は僕のオール2mm@2月の湘南以外に東北でもテスト。
安心してお勧めできるレベルです。

おしっ●不可が最も気になったこの時のテストリポートはこちら
是非読んでみてください。