木曜日 GILL2とHATCHETの違い!! / カスタムオーダーの考え☆

1

おはようございます。今日はサイズダウンした脛膝。
地形はあるのでPIGかな(笑
昨日の浮遊感が忘れられないので、お仕事が落ち着けばチェックしてみます。

さて、上はYellowのGILL2(左)とHATCHET(右)。
一昨日、久しぶりにHATCHETを乗りまして、改めてこの2本は違うモノですね。
乗り味にフィールドの違いなどなど。。
Tetsuさん&僕の写真と共に書いてみます。

テイクオフ性能やパドルなどは共に激的な速さ(汗
あまり体感差がないですが、、、、

・GILL2の方が水離れよく、コントロールが簡単、俊敏。
切り返しの速度が速い or 軽い → トップアクションやカットバックが楽に出来るでしょう。
てつ3

ショートベースの方が乗り始め初段階から違和感を感じないだろう、というイメージです。
結構、あからさまに違います。
この機能的な部分を生かし、薄めのダウンサイジングでも性能を発揮しそうです。(色んな切り口がありそう)
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

サイズ設定次第では飛べそうなイメージすらある!!
それだけ滑走スピードとボードの反応にポテンシャルを感じてます。
ポケットを外れてもグイグイ走り続けるあたり、ビーチ向けでもありますね。

 

・その代わりHATCHETのようなヌルヌル感が消えており、いわばHATCHETの方が濃い味。
熊さんの耳の様な2枚フィンを、抜けないようコントロールする気持ち良さ。

フィンの抵抗は感じないが、ボードだけは爆走していく妙な感覚。
ショートの感覚が身体に染みていると、最も違和感を感じるポイントかとも思います。
僕も未だに習得過程ですが、コントロール出来た時の『体感的、見返り』はHATCHETが大きいでしょう。
GILL2と比べるなら、ポイントブレイク向けと感じます。
4

 

いかがでしょうか。
ここ最近ラインナップも増えてきましたが、
混乱することなく、イメージに合ったものを手にして欲しいです。

マジックボードを作るには、、、
ご自身のイメージをハッキリさせる→
ミスなくモデルを選定する→
ベストなサイズ出し!!
という流れ。

不明点、ご質問があればどのパートでも尋ねて欲しいです!!
うちのラインナップの特性・サイズ感は僕が熟知しておりますが、
同時に「良いボードは乗り手と一緒に作るもの」、とも考えています。
僕にとっては集中力を使うヤマ場となり、お客様からの情報がとても大事!!

・どんなボードに乗られていて
・そのサイズ(レングス・幅・厚み)、レール形状
・そのフィーリングはどうか(良い点、悪い点、どんなシチュエーションでそう感じるのか)
・次のボードに求める動き、感触

この情報を元に様々なことを決めるので、当然僕から伺うことも多くなります。
ここで深く考えれば考えるほど(推測の範囲を小さくすればするほど)、マジックが来る確率は上がります!!
この確率を上げるために僕がいます。
僕をいっぱい使おうと、丸投げにしようとボードの価格は変わりません(笑
是非とも使って下さい☆☆☆

 

2016 最新シーガルやジャージフルはこちらをクリック↓↓↓