Notice: _c の使用はバージョン 2.9 から非推奨になっています! 代わりに _x() を使ってください。 in /virtual/kanichi/public_html/blog/wp-includes/functions.php on line 3423
2016 年 4 月 のアーカイブ

土曜日 バーチ&ドロイド小舟トリップ映像 / 昨日のTetsuさん、on “NEW BENDER”☆

2016 年 4 月 30 日 土曜日

おはようございます。この時間帯は風の入った膝腿くらい。
朝方よりもサイズダウン、コンディションも落としています。
現状、悪い風波状態ですので、入る方は夕方前の風波アップに賭けるしかなさそうです。

映像はライアン・バーチ、アンドリュー・ドゥヒニーの小舟トリップ。
バーチはツインフィン、ドゥヒニーはスラスターです。
バーチのツインライディングは光ってますね☆
こちらばかりに目が行ってしまいます(汗

こちらは昨日のTetsuさん on NEW BENDER
カーブやフィン抜き、流し乗りまで、とにかく安定してスピードに乗ってました。
最初から最後まで詰まるところが無い☆
1234

これが出来るのは彼の持つスキルですが、
悪波・風波でのパフォーマンスをここまで安定させてるのはNEW BENDERのおかげでもあります。
この部分はレベルを問わず、僕にも皆さまにも当てはまる。
そのレベルにおいて、コンディションを問わず自分のマックスに近いことが出せる。
僕個人的には『あのボードを出してれば。。』というストレスケースが少ないボードでもあります。
(欲を言えば、もっと小波用、もっとバキバキパフォーマンスなどありますが、
オールコンディションでの安定性ですね)

これが写真のボード。スペックは5’4″ x 18 9/16″ x 2 1/8″↓

彼にとってはやや浮力強め、旧BENDERよりも水離れ・軽さアップ!!
感触は最高だそう!!
NEW BENDER、オススメです☆
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

2016 最新ジャージフルはこちらをクリック↓↓↓

金曜日 オーストラリアのスタイルKID on “HPX-1″☆

2016 年 4 月 29 日 金曜日

こんにちは。この時間帯は風の入った腰腹。
朝方のMAX胸サイズよりは格段にコンディション下がりましたが、同時に人も減りました。
頑張る程でもないとは思いますが、やるなら今かと思います(汗
潮位に合ったピークを見つけてみて下さい!!

僕の方は今日も一日こちらでお仕事しております。
ウェットの現物チェックや採寸、ボードのご相談などお気軽にどうぞ☆

上の写真はスチュアートシェイプHPX-1
スチュアートの中でも最もハイパフォーマンスなシェイプ。
オールラウンド性(使用頻度)では最新モデルである”S-BOLT“が圧倒的に上回りますが、
サイズアップ時のソリッド波での安定性はこちらでしょう。
僕もたまに乗りますが、第一印象として『乗りやすさ』が浮かぶようなフレンドリーなシェイプ
パドルも全然速いです!!
サイズさえあればコンディションの質は問わないので、「結構使える」と感じているボードです☆

Visslaからサポートを受けるオーストラリアの14歳、ケリー・パーカー君。
上のはこのボードですね↓
4

 

短いですが、動画も↓
14歳と若い割には、、、狙ってお洒落なターンを(汗
クイーンズランドタイトル?を獲っていたかと思うけど、フリーな方向でも見せ場を作ってくれそう☆
今後が楽しみな子です。

 

このパーカー君、ボードは、、、
BENDERシリーズ2種(NEW BENDERとBMG)
・”S-BOLT“を含むHPXシリーズ
を特に愛用しているそう☆
トップアプローチもなかなかスタイリッシュですよ~。
312

 

2016 最新ジャージフルはこちらをクリック↓↓↓

木曜日 サイズアップ中!! / “Pantera”新ショートクリップ&モデル概要☆

2016 年 4 月 28 日 木曜日

おはようございます。この時間帯は腿腰セット腹。
明らかにヨレは入ってきましたが、朝方よりも上がっています!!
この分ですと今後はもう1~2サイズ来そうですね。
ちょっとポイントセレクトが難しそうですが、まだガラ空き☆
入れる方は早めにGOでございます!!
ルール・マナーを守って楽しみましょう。

僕の方は今日も一日こちらでお仕事しております。
一部の時間が埋まっておりますが、ウェットの現物チェックや採寸・ボードのご相談などお気軽にどうぞ☆

上は先日のTetsuさん、on Pantera
このPantera → Performance PIG(Yellow) → 最後はNEW BENDERテストと忙しかったため数本だけですが、
ものの10分程度でこれだけテイクオフ(汗
Panteraのパドル・テイクオフの速さも手伝い、凄いウェイブキャッチ能力を見せつけてくれました。
この一本↓ は先日入荷、鵠沼G様のカスタムオーダー。

ちなみに、、、
映像中のボードは彼にとってオーバーフロー、というかオーバーサイズ。
特に幅19 1/16″が広すぎる。
彼のオーダーでは18 3/4″程度が妥当サイズか。
それでもこの動き。
セミクラシックなアウトラインを持ちますが、軽く動かせるよう、弱い力で倒せるように
強いスパイラルVee & スペシャルなロッカーが「動きの性能」を支えています。

この角度からでも独特ラウンドテールと湾曲のVee具合が見れると思います↓
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

このblogでも書いてきましたが、この動きの方向性は『張り付くようなカービング』。
カーブやカットバックが練習しやすい。
僕個人的な感覚では、大きいラインもタイトな小回りもOK!!
とにかく動きが柔らかい、レールを噛ませたまま引っ張りやすい。
そして何より、シームレス的な不思議な感覚がある。(この感覚はBMGやNEW BENDERからは感じられません)
この辺りが昨年のモデル化当初、”パフォーマンス・オルタナティブ“と位置付けた理由でもあります。
Exif_JPEG_PICTURE

こちらは僕↓
Tetsuさんのようなレベルではありませんが、十分気持ち良く練習できた2015年。
誰でも乗れるボードなのです。

ちなみに、映像中のコンディションは全て激流カレントだった日。
このカレントにも負けず、コンスタントに波を取り続けられるパドル性能がありました。
この時、特に実感したことです。

Panteraをまとめると、、、
・チェストエリアの広面積でパドル&テイクオフ激速。
・そのくせ、予想以上に動いて驚かれた方多数。
・要所では十分に攻めれるが、スタンスを前に集めてクルージングしてもOK。
・トライはもちろん、クアッドとの相性もスチュアートのお墨付き、万能性あり。

こんな感じでしょうか。
今までになかったスチュアートの新カテゴリー。
僕としては、独自のティントカラーで乗って頂きたい一本☆
Panteraは今年もオススメです!!
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

2016 最新ジャージフルはこちらをクリック↓↓↓