Notice: _c の使用はバージョン 2.9 から非推奨になっています ! 代わりに _x() を使ってください。 in /virtual/kanichi/public_html/blog/wp-includes/functions.php on line 3494
2019 年 12 月 のアーカイブ

大晦日 今年も一年ありがとうございました!!

2019 年 12 月 31 日 火曜日

IMG_0318

皆さま今年も一年間、ありがとうございました!!
ウェット&ボード共に色んな試作・新商品を作りましたが、なかなか手応えのあった一年でした。
2020年も今まで以上に商品のクオリティアップに励みます!!
テスト中の商品も複数あり、納得できるレベルに至れば時期を問わずリリースしていきます☆

2019年の商品を振り返ると、、、
Coltex.ではストレッチファスナーハーフバリアの衝撃は凄かった。
シーガルやLSスプリングでお勧めしたシステムです。
フルバリア版ともども、このタイプはさらに進化させますので来期もご期待ください☆Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

 

スチュアートシェイプではやはり小波のアクションテンプレート“FX-4″でしょう。
12月に入っても最終便でゲットされたお客様よりGOODインプレを頂き続け、確信を強めたモデルです。
FX-4

何よりスタンスの許容範囲が広く簡単。
色んな方にお勧めできるシェイプだと位置づけています。
個人的には『極小波用』としてスチュアートの現ランキング一位です。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

ドリントンは断トツで“Double Pin”です。
パフォーマンスツインモデルですね。
Exif_JPEG_PICTURE

ここ最近はリオが好んで乗り込んでおり、結局ライダー全員がイチオシしたモデルです。
僕の印象としては、とにかく質が良い!!
ツインの気持ち良さ X 攻め込める度合いの高さ。
これが共存している。
浮力や速さだけで誤魔化したモデルではなく、上級クラスまで自分を預けられるツインモデルだと感じています。
1

 

 

さて、今日は胸肩サイズ。
昼②あたりにはオフショアに変わり各ポイントで楽しめていました。
リオはYellowの“Pin Tail”、そしてドリントンのDouble Pin。
2本立てで乗り納めしてました。
IMG_031213

 

その横でTetsuさんはNEW BENDER。
最近はほとんどがQUAD FISH(このFISHで怖いくらいスプレー飛んでましたが)だったので、小波パフォーマンスは久々。
しかし動きはキレまくってました☆
みんな良い乗り納めができたようで最高の一日でした。
2

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓

月曜日 Coltex.『新・既製サイズ』の評価!! / 厳寒地向けセミドライ☆

2019 年 12 月 30 日 月曜日

3

おはようございます。今朝も膝腿のスモールサイズ。
少し見ましたがショートは厳しくミッドレングスが良いと思います。
鵠沼周辺であれば長いボードは十分に走れていますので、道具をお持ちの方はウロウロしてみて下さい。
明日以降はオンショアでショートになりそうですので☆

さて、Coltex.
今年は既成サイズの進化バージョン『新・既製サイズ』によるオンラインオーダーがスタートした年でした。
※新・既製サイズについてはこちらを再度チェックお願いします!!一般的な規制サイズとは少々レベルが違います。

Exif_JPEG_PICTURE

もちろんスーツの製作は今まで通り、熟練者によるフル採寸オーダーに敵うものはありません。
着心地・防水性ともにこれがベスト。来れる方は今までどおり測らせて下さい。
しかし、全36サイズという細かくサイズ別けした全身データは予想以上で、、、
細かくお客様の反応を伺っていくと、非常に好評でした☆
来年2020年は遠方の方にもフルオーダーに近いフィッティングのColtex.をお届け致します。
しかもお届けは10日~2週間という短納期企画として進めています。
スーツのレベルアップと並行して、溜めてきたデータにもご期待ください☆

 

上の写真は人気のストレッチファスナーセミドライ
しかし関東近県でお勧めしているバージョンとは異なる、厳寒地向けのタイプ
価格は若干アップとなりますが、北関東や日本海ベースの皆様からは人気のスーツです☆
4

今年アーム全面に使用した水を吸わない『エクストラドライ』を下半身全面に使用!!
こちら↑ は背面の写真。
ドライ感を意識した設定になっています。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

手首はグローブを挟み込むダブル仕様。
このすぐ上には水を吸わない『エクストラドライ』があるので、快適度はだいぶ高まります。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

足首部分もダブル仕様。
手首と同様、このすぐ上はエクストラドライ。濡れたズブズブ感とは無縁です
ブーツの付いていない “ほぼドライスーツ” といった感覚で着ていただける一着ですね☆
Exif_JPEG_PICTURE

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓

土曜日 腰腹 / Coltex.おじさん一番人気のPantera☆

2019 年 12 月 28 日 土曜日

Exif_JPEG_PICTURE

こんにちは。この時間帯も腰腹サイズ。
ややトーンダウンしましたが、まだ十分に出来ています。
御前崎沖はすでに北西に変わり現在4m、今後はダウン傾向になりそうです。
ショートで入る方はお早めに!!
グッとサイズを落とせば後半は人が空きミッドレングス天国になるかもしれませんね☆

写真はスチュアートシェイプのPantera
Kusakaさん、Tetsuさん、僕。
レベルこそ違えど、このおじさんチームが共通して好きなテンプレート第一位は??
このPanteraです。
Exif_JPEG_PICTURE

フローが抜群に気持ち良く、レールターンもしっかり入る。
特にカービングはプロレベルの彼らでさえ受け止めるだけの深みがあります。
テイクオフの速さ・安定感も素晴らしく、この辺りで使うにはバランスが素晴らしい☆

個人的にはカービング(長くレールを使う動作)に特化したテンプレートでは!?と感じていましたが、
リップアクションの軽快さもKusakaさん↓ が証明してくれました。

 

また、お伝えしたい大きな特徴の一つが『スタンスエリアの広さ』。
ノーズ下50~60cm辺りからテールエンドまで、どこに立ってもそのポジションの意味・気持ち良さがあります。
それを実現するだけのチェストエリア幅、加えてその部分のロッカーカーブがあり、
ここがBENDER系などの小波パフォーマンスと一線を画す部分かな?とも思います。

実際には小波でのパフォーマンス性が突出したテンプレートではありますが、
テールエンドを使ってシャキシャキ振るだけの乗り物でもない。
スタンス全体が前に移動していても、気持ち良くカットバック・カーブが決まる。
失速するどころか、また違った遠心力すら感じられる。
Exif_JPEG_PICTURE

乗っていて気持ちが和らぐのは、、
こんな懐の深さから来るものでしょう。
これ↓ は以前の僕。
Panteraでの小波 by Yokozawaさん、ありがとうございます。
32

 

この一本は辻堂のIさんオーダーボード。
Iさんは前回のボードもPanteraで、連続してこのモデルをチョイス!!
Exif_JPEG_PICTURE

Panteraでは割とこのケースが多く、特徴的な性能を持つボードによくあるパターンだと思います。
その乗り味がオンリー1だと感じるほど、濃いということ。
僕自身もPanteraはスチュアートシェイプの中でも独立した乗り味・構造だと感じています(以前から書いていますね)。
一度乗ってみて損はないモデルでございます☆
Exif_JPEG_PICTURE

 

Coltex.最新セミドライはこちらをクリック!!↓↓↓↓