Spear

Yellowのショートシングル、”Spear(スピアー)”

サイト掲載としては5作品目になりますが、すでに多数お作りしてきた堅実なテンプレート。
掲載ラインナップ以外のカスタムオーダーとしては、レトロツインに次ぐ人気モデルです。

シングルらしい直進スピードを楽しむ以外にも、ショートボードの着実なレベルアップに適しています。


最初に肝心の乗り味を書いてしまいますが、

  • ・シングルの割に止まりにくい
  • ・シングルの割にリップしやすい

乗っているライダー達を見ていても『真面目な乗りやすいボード』、という印象。

特にクセがある訳でも、難しいポイント(超個性)がある訳でもなく、、、
単純にショートとして調子が良い。
ビーチエリアでも気兼ねなく使える、実用的なテンプレートです。

アウトラインはソフトなカーブ。

トライフィンのスラスター比較でノーズ&センターが広め、テールはわずかに広め。
癖のない乗り心地を生む、ナチュラルな曲線です。

ロッカーは一般的なものより弱め。
ショートシングルはたるいセクションに出ると止まり、うねらせての再加速が難しいとされますが、
ロッカーバランスでそもそも止まりにくくさせている印象です。


皆様のインプレッションでも「思った以上に走る!!」という評価が多く、
ビーチブレイクにおけるショートシングルのハードルを下げた大きな要素かもしれません。


ポイントノーズといって良いですが、わずかに広めのセミイーグル形状。
これにより、ノーズ先端までフォームボリュームを残しています。

ノーズからチェストエリアにもそれなりのボリュームを持たせており、
パドルの安定感・テイクオフの速さは十分なレベルです。

5’10”くらいから(短すぎないレングス)をお勧めしているため純粋な比較はできませんが、

少なくともノーマルのショートよりは数段速いと感じるはずです。

テールは過去実績でラウンドが最多。

次いでラウンドピン、ダイヤモンドが多いです。
これ以外にはスワローもお勧めとなります。

この一本はスロットチャンネル入りで、
噛みつき&ラインに乗せた時の速度感を上げていますが、
オーダーでは半々です。

フィンは動かしたい方で6~7、
ロックしてのドライブやクラシック好きの方で7~8、
といったところでしょうか。

Kusakaさんは直立したタイプ7” ↓、
Tetsuさんは広めベース細目ティップ寝たタイプ8” (MD)を付けていました。

オーダーでお作りさせて頂いたお客様はもちろん、一度乗ったTeam Coltex. Sawadaさん↓も絶賛☆

ショートシングルのイメージを変える、乗りやすいテンプレートです。

価格:128,000円(税込)