水曜日 ストレッチファスナー・ハーフバリア!! / ショータの先日☆

5

おはようございます。今朝は膝~MAX腹サイズ。
ポイントによりサイズ差があり、基本パワーのないブレイクです。
各バンクも昨日より大幅に空いています。
このタイミングは一日で最も混み合う午前中が干潮、ガラガラとなる午後はオンショアというパターン。
幸いにも午前中の干潮時はブレイクエリアが広い。少し歩けばどこでも割れているんです☆
地形の良いバンクに囚われず、人との距離を保てる場所を探してみて下さい。
そして昨日も書きましたが、今だからこそベストは午後のオンショアです。
湘南におけるショートの練習には必修科目ですし!!(ボードは必ず風波でもテストしています)
もちろん人はガラガラ、距離が保てリスクはゼロに近いと思います☆

 

上の写真は昨日に引き続き、フェア中Coltex.ジャージフル。
少し触れたショータの今年用の一着。
ストレッチファスナーなのですが、彼が即答で「着たい!!」と選んだのはハーフバリア版☆
Exif_JPEG_PICTURE

通常のストレッチファスナーモデルはファスナー周りから身体を一周するように防水バリアを装備しています。
しかしこのハーフバリア版は、そのバリアが体の前面のみ。
背中には『二重になる部分』が無いのです☆
不思議な感じでステッチが終わっている部分が見えるかと思います。
Exif_JPEG_PICTURE

 

例えば、フラップ型の場合はどんなブランドでも背中にフラップ付着部(接続部分)が存在するため、
違和感の元になっていました。
このスーツにはそれが無い☆
これは裏地、バリアの終点が見えますね↓
Exif_JPEG_PICTURE

 

着用した背面の写真はこんな↓
腰から首までツルっと一枚パネル。
着心地はタッパと同クラスになるのです!!
23

 

このハーフバリア版については去年からご紹介しており、
このblog上ではシーガル以下(シーガル、ロンスプ、スプリングなど)にお勧め!!と書いてきましたが、
今年蓋を開けてみればジャージフルにおいても、このハーフバリア版を選ぶ方はどんどん増えています。
今回の新・既製サイズフェアでも、すでに多数!!
リーズナブルなことも追い風となり、ストレッチファスナーの1/3に迫る勢いです。

また、このハーフバリア版。
着る時も、脱ぐ時も、、伸ばす必要が無いほど広がるのも特徴☆
ウェットスーツは着脱時にダメージを受けるので、その点このタイプは長持ちも間違いないでしょう!!
(どんなにマテリアルが柔らかくても、伸ばして戻っての繰り返しはダメージとなります)
Exif_JPEG_PICTURE

 

最後にショータのチューブシークエンス!!
ボードは30年物か!?父さんのSawadaさんのお宝でしょう。
18歳がこれでバレルという渋さは最高ですが、折れるかもしれない日によくぞ貸し出したなSawadaさん(笑
2345678910111213141516

 

5/10(日)まで!!新・既製サイズフェアはこちらをクリック!!↓↓↓↓

 

Coltex.最新版ジャージフルはこちらをクリック!!↓↓↓↓